「まるで火事」「スタジアムは無事?」トルコ1部クラブの創立イベントが“過激すぎる”と話題!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年06月04日

サポーターが客席から…

この普段は美しいスタジアムが、一瞬にして赤く染まった。(C)Getty Images

画像を見る

  6月1日にクラブ創立57周年を迎えたトルコ1部のブルサスポル。それを祝したサポーターの動画が話題になっている。

 新型コロナウイルスの影響で中断していたリーグ戦は、6月12日の再開が決定。選手たちは集団トレーニングを開始しており、スタジアムでのサポーターの見学も、ソーシャルディスタンスを守りながらという条件で許可されている。

 そんななか、サポーターが1日に57周年を祝うイベントを企画。現地紙『hurriyet』によれば、選手たちがスタジアムで練習をしているなか、客席に数百本のトーチを準備し、一斉に着火させたという。

 その光景は、まさに“火事”そのもの。火薬の着火する音がスタジアムに響き渡り、みるみううちに客席は真っ赤に染まった。そんななかでサポーターのエールが木霊し、選手たちは呆気にとられたという。

 この過激な祝福にも、クラブは寛大だった。ブルサスポルのメスタン会長は「どんな状況下でもサポートしてくれる偉大なるファンに感謝したい。ブルスサポル万歳!」とコメントを発表した。

 この様子はクラブの公式アカウントやニュースサイトで公開され、これまでに185万超のビューを記録。世界のフットボールファンからは「さすがトルコ。彼らはいつでもクレイジーだ」、「これほど心強いファンもいないな」、「まるで火事」、「スタジアムは無事?」、「これは60周年が今から楽しみだな」などの声が集まっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月13日号
    7月22日発売
    2020年シーズン更新版
    J1&J2全40クラブ
    最新戦術ガイドブック
    攻守のメカニズムを徹底分析!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ