日本代表GK川島永嗣が第2子長女誕生を報告!川崎時代のチームメートから日本代表の同僚まで、多くの選手&ファンが祝福

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年06月01日

リーグ・アンは今季打ち切りを発表

第2子誕生を報告した川島。(C)Getty Images

画像を見る

 フランスのストラスブールに所属する日本代表GK川島永嗣は6月1日、自身のインスタグラム(@eijikawashima01)を更新し、第2子となる娘が誕生したことを報告した。

「先日、無事に娘が産まれました。この難しい状況下の中、母子共に健康に産まれてきてくれた事に本当に感謝です。そして、色んな不安がある中、頑張って出産してくれた妻に心から感謝です。出産中、一番大事なタイミングで、フランス語の通訳間違えてごめんなさい(笑)。 Thank God for giving me this treasure.」とのコメントとともに、生まれたばかりの娘の写真を投稿。また、ハッシュタグでは「この難しい状況下出産する方ぜひ頑張って下さい」と出産予定のあるフォロワーにエールも送っている。

 この投稿には多くのファンのみならず、サッカー選手からも祝福のメッセージが寄せられている。海外挑戦前に所属していた川崎フロンターレからはGKチョン・ソンリョンのほか、川島が所属していた当時のチームメイトであるMF中村憲剛、現在香港3部リーグのランズベリーで監督を務めている元日本代表DF井川祐輔、セレッソ大阪のFW都倉賢なども祝福。また、ヴィッセル神戸の酒井高徳、スペイン2部のエストレマドゥーラに所属する東京五輪世代のGK山口瑠伊、フランスでのプレー経験も長い、横浜FCの松井大輔からはフランス語で「おめでとう」とのコメントが寄せられた。
 
 2001年に大宮アルディージャでプロキャリアをスタートさせた川島は、名古屋、川崎を経て2010年のワールドカップ後にベルギーのリールセに移籍。その後、スタンダール・リエージュ、スコットランドのダンディ・ユナイテッド、フランスのメスそして2018年から現在のストラスブールでプレー。私生活でも2014年に結婚し、15年12月に第一子となる長男が誕生している。

 コロナ禍でリーグが中断していた際には、リゾットをはじめ数々の料理に挑戦する姿もSNS上にアップし、家庭を守る姿も見せていた。

 フランスのリーグ・アンは4月30日に新型コロナウイルスの影響で打ち切りを発表した。シーズンを10位で終えた川島は、新たな家族を迎え、心機一転、新シーズンに向けて動き出している。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ