「重要なトロフィーをわずか3日間で…」セリエAとコッパ・イタリアの再開が正式決定!さっそく異論も

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年05月29日

コッパ・イタリアは13日、セリエAは20日に再開

イタリア・サッカーはコッパ・イタリア準決勝のユベントス対ミランでリスタートする。(C) Getty Images

画像を見る

 ヨーロッパで最初に新型コロナウイルスの危機に襲われたイタリアも、サッカーの再開を決めた。5月28日、政府のスポーツ大臣がイタリア・サッカー連盟のガブリエレ・グラビーナ会長やセリエAのパオロ・ダル・ピーノ会長らサッカー関係者と協議し、6月のシーズン再開を決定したのだ。

 イタリア・メディアの報道によると、セリエAは6月20日に再開。それに先んじて、6月13日と14日にコッパ・イタリア準決勝第2レグ、同17日に決勝が開催される。

 グラビーナ会長は「再開は国全体にとって希望のメッセージとなる。満足であり、うれしい」と喜んだ。ダル・ピーノ会長も「我々は一貫して断固たる姿勢で取り組んできた。考えていたことはひとつだけだ」と述べた。

「それは、サッカーのためになること、その未来を守るためになることをするということだ。セリエAにとって、再び世界最高のリーグに戻ることを意味しなければならない。我々のスポーツを支える大勢のサポーターの情熱と熱狂に報いられるようにするには、そのスピリットしかない」

 衛星放送『Sky Sport』によると、再開に積極的だったラツィオのクラウディオ・ロティート会長は、「イタリア・サッカー界全体の勝利だ。この再開でカルチョは世界に知られる高い質の水準を保てると確信している。セリエAはもっとも重要なリーグのひとつなのだ」とコメントしている。
 
 なお、コッパ・イタリア準決勝の日程は、6月13日にユベントス対ミラン(第1レグは1-1)、14日にナポリ対インテル(第1レグは1-0でナポリが勝利)となる。

 コッパ・イタリアからシーズンが再開されることになったのは、地上波放送があるため、より多くの国民が見られるようにしたいという政府の意向が反映されたようだ。

 ミランのパオロ・スカローニ会長は「すべてのファンに試合を提供する価値は理解するが、スポーツ的な観点からは、3か月もストップしていたのに、重要なトロフィーをわずか3日間の2試合で決めることには議論の余地がある」と疑問を呈した。

 いずれにしても、コロナ禍の状況次第では再び中断を余儀なくされる可能性もある。政府によると、イタリア・サッカー連盟は、プランBとプランCも用意しているという。前者はプレイオフやプレイアウト、後者は中断時点での順位を確定しての打ち切りとなる。

 今はただ、そうした事態が避けられるのを願うばかりだ。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月22日号
    10月8日発売
    J1&J2&J3
    ネクストブレイク
    BEST 100
    必見の若手有望株を一挙公開!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ