「ロッカールームが酒臭い」名将カペッロが明かした「最も才能があり、最も問題児だった」教え子とは?

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年05月20日

「移籍したら勝ち始めた」

厳格な指導で知られるカペッロが「最大の問題児」について言及した。(C) Getty Images

画像を見る

 人一倍厳格なことで知られる名将も、コントロールできなかったということか。

 ファビオ・カペッロが2006年夏に再登板したレアル・マドリー監督時代に、半年間だけ指導した元ブラジル代表FWのロナウドについて、「素行に問題があった」と明かしている。

 イタリア・メディア『Sky Sport』に語った内容をスペイン紙『Marca』などが伝えたところによると、イタリア人指揮官は「これまで指導したなかで、最大のタレントだった」と“怪物”を称えながらも、こう続けた。

「だが同時に、私にとってロッカールームで最も問題を引き起こしたプレーヤーでもあった。パーティーをして騒いでいたんだ。(ルート・)ファン・ニステルローイが『監督、部屋がアルコール臭い』と言ってきたよ」
 
 そして、2007年1月にロナウドがミランに移籍してから「私たちは勝ち始めた」と語っている。実際、後半戦の巻き返しにより、宿敵バルセロナとのデッドヒートを制したマドリーは、リーグ優勝を成し遂げている。

 それでも、「才能について話すならば、間違いなく最高だった」と強調したカペッロ。今では、会うたびに「愉快に話す」仲だということも付け加えている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ