「我々は売りに出していない」ボローニャTD、冨安健洋の今夏売却を否定! イブラ獲得については――

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年05月18日

冨安の価値は「2500万ユーロに留まらない」

ローマが興味を持っていると報じられていた冨安。(C)Getty Images

画像を見る

 先日、セリエAのボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋に、名門ローマが興味を示していると報じられた。だが、その可能性をボローニャのテクニカル部門コーディネーターを務めるワルテル・サバティーニ氏が否定した。

 イタリア衛星放送『Sky』のインタビューに応じたサバティーニTDは、「今夏に彼を売るつもりはない」とコメントしている。

「まず、我々は売りに出してもいない。そもそも支払われるとされる2500万ユーロ(約31億円)でも、トミのように最高のクオリティーを備える選手に見合ったものではない。現時点で、彼と彼の将来に対して、完璧な査定を下すことのできる者はいない」

 冨安は昨夏にベルギーのシント=トロイデン(STVV)からボローニャに加入。イタリア移籍1年目ながら不動のレギュラーに定着したことに加え、まだ若く、ローマの首脳陣が獲得候補のリストに入れたと報じられていた。
 
 さらに、サバティーニTDはボローニャ指揮官のシニシャ・ミハイロビッチ監督が、ミランに在籍するズラタン・イブラヒモビッチ加入の可能性に言及したことについても、否定的な見解を示した。

「指揮官とイブラの友情を通じてのみ実現する可能性はあるかもしれないが、クラブが望んでいるものではない。もちろん、彼の加入はクラブのレベルをひとつ押し上げる効果があるだろう。だが、(金額などを含め)我々の手の届くプランだとは思えないので、あまり信じていない」

 セリエAは再開を目指し、今月4日から個人トレーニングが再開。18日からクラブでの団体トレーニングが再開する見通しだった。しかし、政府からの許可が得られておらず、今週も引き続き個人トレーニングが行なわれるようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ