「彼女の夫はクラブ史上最大の失敗…」ディ・マリア妻の“くそったれ発言”にマンチェスター市長が猛反論!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年05月09日

文化や食事に対する皮肉にも…

ユナイテッド時代のディ・マリアは伝統の7番を託されながらも、その期待に見合うだけの活躍ができなかった。 (C) Getty Images

画像を見る

 ある発言が物議を醸している。

 発端となったのは、2014年にレアル・マドリーからマンチェスター・ユナイテッドに移籍したアンヘル・ディ・マリアの妻ホルヘリーナさんが放った言葉だ。アルゼンチンのテレビ番組で、夫からユナイテッドのオファーについて話を切り出された時のことを、次のように振り返ったのである。

「アンヘルにはお願いしたわ。移籍するならどこでもいいけど、イングランド以外にしてね、と。それがどう? 1年後にマンチェスターに行くことになったのよ。くそったれだわ!」

 さらにイギリスでの生活についても、「女性たちはみんな不健康そうな青白い顔をしていて、みんな細くて、上品ぶってて、風変わりなのよ。歩いていて、殺されるのかとも思ったわ。食べ物は全部まずいのよ」とこき下ろしたのだ。

 当時のユナイテッドだけでなく、マンチェスターという街も中傷したこの発言に、ファンだけでなくあらゆる人々が憤慨。ついには市長までもが苦言を呈したのだ。

 アメリカのスポーツ放送局『ESPN』によれば、この一件についてコメントを求められたアンディ・バーナム市長は事務所を通じて、次のように声明を出したという。
 

「コメントする前に彼女の意見に同意できるところが1か所ある。生涯のユナイテッド・サポーターとして、私も彼(ディ・マリア)がいた時期は相当に憂鬱だったということだ。とにかく彼女の夫は、6000万ポンド(約112億円)ほどで獲得されたのに、たった1年で売却された。ユナイテッド史上最大の失敗のひとつだったのは間違いない」

 辛辣にディ・マリア夫人を皮肉り、こう続けている。

「食べ物については、この街全域に素晴らしいレストランがたくさんある。彼女の味覚が彼女自身の酸っぱさと苦さによって損なわれていたとしか思えない。産業革命、参政権、協同組合運動、マルクスとエンゲルス、ピータールーの悲劇、コンピューター、原子の分割、アラン・チューリング、運河、鉄道、サッカー、音楽と様々な歴史的文化もある。女性たちについても、オルダリーエッジのような緑が豊かな郊外に出かけていれば、彼女の助けになったのかもしれないね」

 最後に、「とにかくロックダウンにある2人の幸運を祈っているし、彼女が時間を賢く使うことを願う」とコメントを添えたバーナム市長。この反論をホルヘリーナさんはどう受け取るだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
ディ・マリア妻、夫のマンU移籍を「くそったれ」と回想! 英国生活に嘆き節「歩いていて殺されるかと…」
「滴り落ちる血を見て我を失い…」元マンUコーチがベッカムとファーガソンの“スパイク事件”の真相を告白!
久保建英や“韓国の至宝”は何位?「2001年以降に生まれた逸材」TOP50を英メディアが選出!
「彼はまた強くなった…」ソン・フンミン、韓国での軍事訓練を修了! 高度な射撃スキルを英紙が報じる!
「独特で圧倒的なスケール感!」名手アデバヨールの豪華カーコレクションを英紙が特集!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ