子どもの日は可愛いマスコットに癒されよう!!【Jマスコット総選挙プレーバック】歴代チャンピオン、13~20年の総合ポイントTOPは?

カテゴリ:Jリーグ

佐藤香菜(サッカーダイジェスト)

2020年05月05日

初代王者は仙台のベガッ太

2019年にリーグ優勝した横浜のクラブマスコット「マリノスケ」(写真左)が、20年のクラブマスコット総選挙で初めて1位に輝いた。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 Jリーグでは2013年から毎年、J1・J2・J3の各クラブのマスコットによる「Jリーグマスコット総選挙」を、リーグ開幕に先駆けて行なっている。ファン・サポーターの投票数によって順位が決まり、優勝者はFUJI XEROX SUPER CUPで撮影する、マスコット集合写真のセンターポジションに立つ権利を手にすることができる、リーグ開幕を告げるもうひとつの熱い戦いだ。

 ここでは、13年から20年までの8年間のトップ10を振り返り、1~10位に10~1ポイントとして加算して、8年間での総合順位をランキングにしてみた。1位に輝いたマスコットからは、特別に喜びのコメントも寄せられた(※文末に記載)。それではさっそく結果を見てみよう。

――◆――◆――
 
【2013年】
順位 名前(クラブ)
1  ベガッ太(仙台)
2  ヴァンくん(甲府)
3  ドーレくん(札幌)
4  ディーオ(山形)
5  ガンズくん(松本)
6  東京ドロンパ(FC東京)
7  ロビー(C大阪)
8  グランパスくん(名古屋)
9  ミーヤ(大宮)
10  ニータン(大分)

【2014年】
順位 名前(クラブ)
1  ヴィヴィくん(長崎)
2  サンチェ(広島)
3  ベガッ太(仙台)
4  ディーオ(山形)
5  ドーレくん(札幌)
6  ヴァンくん(甲府)
7  ガンズくん(松本)
8  東京ドロンパ(FC東京)
9  マリノスケ(横浜)
10  ニータン(大分)

【2015年】
順位 名前(クラブ)
1  サンチェ(広島)
2  ドーレくん(札幌)
3  ディーオ(山形)
4  ヴィヴィくん(長崎)
5  ベガッ太(仙台)
6  ふろん太(川崎)
7  ガンズくん(松本)
8  ヴァンくん(甲府)
9  マリノスケ(横浜)
10  グランパスくん(名古屋)

【2016年】
順位 名前(クラブ)
1  ベガッ太(仙台)
2  東京ドロンパ(FC東京)
3  サンチェ(広島)
4  グランパスくん(名古屋)
5  ドーレくん(札幌)
6  ヴィヴィくん(長崎)
7  ゼルビー(町田)
8  マリノスケ(横浜)
9  ディーオ(山形)
10  ガンズくん(松本)
 
【関連記事】
「やっぱ天才」大久保嘉人が俳優・佐野岳からの難題をクリア! 鮮やかな妙技に松井&長友は上から目線で…
セルジオ越後が選ぶJ歴代ベスト11「他の10人も”別格”と認めるだろうベストプレーヤーは…」
「可愛すぎだろ」「めちゃ上手!」柴崎岳の妻・真野恵里菜さんのキュートで華麗なリフティング動画が大反響!
巻誠一郎が選ぶJ歴代ベスト11「千葉から4選手を選び、監督は…」
「出ていけ!コロナ!と叫ばれて…」スペイン2部で戦う日本人GKが悲痛な訴え。スペイン全国紙が注目

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ