• トップ
  • ニュース一覧
  • Jリーグでも勢力拡大中&吉田麻也やエリクセンらも担当! 超大手エージェンシー『ベースサッカー』とは?

Jリーグでも勢力拡大中&吉田麻也やエリクセンらも担当! 超大手エージェンシー『ベースサッカー』とは?

カテゴリ:移籍情報

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年04月07日

日本の若手にも積極的にアプローチ

吉田(左)も所属するエージェンシー『ベースサッカー』の中心人物がトリンボリ(右)だ。写真:Instagramより

画像を見る

 英国人のフランク・トリンボリが共同創始者である『ベースサッカー』は、ヨーロッパ、南米、北米、アジア、オーストラリアに計11拠点を構え、60人近いエージェントと300人を超える顧客を擁するサッカー界でも最大手事務所のひとつだ。

 とくにイングランドでは、全体の半数以上のディールに何らかの形で関与するほど権力が強い。なかでもトリンボリはマネージングディレクターを務める中心人物で、昨年末にカルロ・アンチェロッティのエバートン行きを仕切ったのも彼だった。

 元税理士のため経済的な側面に強く、移籍収支をプラスにする必要があるクラブに的確な選手を売り込んだり売却を持ちかけたりして、すでにでき上がった「完パケ」のディールを提案できるため、多くのクラブに重宝されている。

 ベースサッカーはロンドン本拠ゆえデリ・アリ、ジェームズ・マディソン、カイル・ウォーカー、ダニー・ローズら顧客はプレミアリーグ中心だが、スペイン、イタリア、フランスにも勢力を拡大中。今冬のメルカートでも、クリスティアン・エリクセンとアシュリー・ヤングをインテルに、吉田麻也をサンプドリアに動かしている。
 
 同社は2010年代前半から日本でも活動しており、吉田、酒井宏樹、武藤嘉紀、シュミット・ダニエルなど日本代表クラスのほか、近年は齊藤未月、田川亨介、安藤瑞季など五輪代表世代にも積極的にアプローチして顧客に加え、アンジェ・ポステコグルー監督を横浜F・マリノスに送り込むなど、Jリーグでも勢力を拡大中だ。この日本での活動はFIFA公認仲介人の富永雄輔氏が担っている。

 ベースサッカーは会社としては、ハリウッド4大エージェンシーのひとつである『クリエイティブ・アーティスツ・エージェンシー(CAA)』の傘下『CAAスポーツ』に買収されたが、移籍オペレーションはトリンボリをはじめとする創始者が引き続き担当。資金面でさらに強化されたため、より積極的に動けるようになっている。今夏もプレミアリーグ勢、そして日本人プレーヤーの動向の鍵を握るエージェンシーだ。

●主な顧客(仲介を含む)
クリスティアン・エリクセン(インテル)
デリ・アリ(トッテナム)
アシュリー・ヤング(インテル)
ジェームズ・マディソン(レスター)
カイル・ウォーカー(マンチェスター・C)
カルロ・アンチェロッティ(エバートン監督)
吉田麻也(サンプドリア)
酒井宏樹(マルセイユ)
 
文:片野道郎
※『ワールドサッカーダイジェスト』2020年3月19日号より転載
 

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ