「危険極まりない」「UFCから来たのか!?」アデバヨールが見舞った“空手キック”に海外メディアも驚嘆

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年03月13日

パラグアイ挑戦後初先発したゲームで…

今年2月からパラグアイでプレーするアデバイヨールの危険なキックが話題となった。 (C) Getty Images

画像を見る

 抜群の身体能力を武器に、かつてヨーロッパで活躍したトーゴの英雄エマヌエル・アデバヨールは、今年2月にパラグアイの強豪オリンピアに活躍の場を求めた。

 キャリア9クラブ目となる新天地に移った36歳の“ジャーニーマン”が、現地時間3月11日に行なわれたコパ・リベルタドーレスのディフェンサ戦で見せたファウルシーンが話題を呼んでいる。

 この試合で移籍後初先発を果たしたアデバヨールは、気合が入り過ぎたのか、72分に空回りしてしまう。ディフェンサのエンゾ・コアッチと競り合いに行った際に、空中に浮いたボールではなく、相手の顔面付近に向かって蹴りを命中させてしまったのである。

 明らかに遅れて飛び込んだアデバヨールの無謀なプレーに、主審はもちろんレッドカードを突き付け、トーゴ代表FWは一発退場となったのだった。

 この一連のプレーに海外メディアも衝撃を受けている。英紙『Daily Mail』が、「アデバヨールの空手キックは幸いにも顔には直撃しなかったが、危険極まりないものだった」と綴れば、アルゼンチン紙『La Nacion』は、「まるでUFC(総合格闘技団体)から来たかのような暴力的な飛び蹴りだ」と非難した。

 また、ツイッターなどのSNSでも問題のシーンは拡散され、「危険すぎる」「長期的な処分を下すべき」といった厳しい声が上がった一方で、「昔と変わらない」「身体能力が高すぎるんだ」「もはやご愛敬だろう。相手からしたらたまったもんじゃないけど……」といったコメントも見られた。

 当の本人は、“過ち”を認め、自身のツイッターで謝罪を口にした。

「とてもタフなゲームだった。でも、最高のチームスピリットと最高の勝利だったと思う。“ジャッキー・チェンチャレンジ”によって早々に退場となったのは悲しいことだったけど、相手を傷つけるつもりは全くなかったんだ。彼が無事なことを祈るよ」

 キャリアの晩年を迎えているとはいえ、アフリカ・サッカー界のレジェンドはまだまだ話題を提供してくれそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ