アジアカップ2015

【アジアカップ】金田喜稔がイラク戦を斬る! 「チームの方向性が一致したサッカーだった」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2015年01月16日

1-0の緊張感のなかで、自信につながる価値ある完封勝利。

パレスチナ戦で不完全燃焼に終わった清武は、後半64分からピッチへ。フリーランニングや切り替えの速さでチャンスを演出し、存在感を示した。 写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 初戦は格下のパレスチナ相手とあって、4点を取った後に“緩み”が見られた部分もあったが、本田のPKで挙げた1点を守り切っての1-0勝利は非常に大きい。

【マッチレポート|日本 1-0 イラク】

【ゲームPHOTOギャラリー】

 攻撃面では遠藤と長谷部、香川のポジショニング、サイドの乾と本田は中央に絞りながら酒井高と長友のオーバーラップを引き出す。各々がボールを引き出すタイミングと動き方を意識してプレーできていたし、そこへ縦パスが上手く出たことで、スムーズな連動性が生まれていた。本田だけでもあと2点は取れていたとはいえ、イラクを崩して決定機を作った点は次の試合につながる内容だ。
 
 後半は、前半に比べて縦パスが減り、イラクに押し込まれる場面は確かにあった。それは暑さの影響や、出し手と受け手のタイミングに起因するが、そこまで問題視することではないだろう。
 
 1-0のゲームの展開を考えて、半端な攻めのパスをインターセプトされて逆にリズムを失うことの方が怖いと判断したんだろうし、慌ててパスすることなく、パスコースがなければある程度前線へという、チームとしての方向性が一致したサッカーをしていたと思う。良い意味の緊張感のなかで逃げ切ったのは今後の自信になる。
 
 また、途中出場した清武は、気持ちとともにプレーでも初戦より機能していた。香川の展開から清武がクロスを上げて、本田のシュートを演出した場面(右足のシュートはポスト直撃)はその象徴だった。初戦では不発だった、交代選手がフィットした点も収穫と言えるだろう。そういう意味で、ゲーム全体の満足度としては100点満点中85点(パレスチナ戦は80点)をあげていいと思う。
 
 少し気になるのは本田の状態だ。本人は徐々にコンディションは上がっていると話しているが、彼にしてはミスが多いと感じた。ボールコントロールした後にキレがなく、フィジカルコンタクトに耐えられないシーン、キックミスやキープミスを犯すシーンも目立った。
 
 次戦は引き分け以上でグループリーグ突破が決まるとはいえ、決勝トーナメントを中3日で戦うためにも、勝点を9に伸ばしてグループ1位を確定させたいところだ。
 
 決勝トーナメントに向けて、清武や初戦にいいイメージで入れなかった武藤、豊田が自分の色を出し切れるようなプレーを出せれば、ヨルダン戦はより意味のあるものなる。勝点3を取ることをベースに、チームとしての総合力を上げていければ理想だろう。
 
解説:金田喜稔(元日本代表)
 

自ら得たPKをしっかりと決めた本田だが、球際でのキレのなさやミスの多さが目立った。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

【関連記事】
【日本 対 イラク】サッカーダイジェスト特派の寸評・採点
【セルジオ越後の天国と地獄】もっとゴールを決めておきたかった
【イラク戦会見】アギーレ監督「本田は重要な選手だが…」
【セルジオ越後の天国と地獄】交代選手が機能しなかった
【アジアカップ】金田喜稔がパレスチナ戦を斬る! 「共通理解を構築すべき」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ