「ベンチに置いていた監督は解雇すべき」「ようやく笑った!」岡崎慎司の2020年初弾に現地紙&ファン絶賛!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年02月16日

待望のゴールにファンも歓喜

2か月近くゴールから遠ざかったいた岡崎が、得意のヘッドで久々にネットを揺らした。 (C) Rafa HUERTA

画像を見る

 現地時間2月15日、ラ・リーガ2部の第28節が行なわれ、ウエスカはホームでアルメリアと対戦し、3-2で勝利した。

 この試合で、ウエスカに流れを引き寄せる貴重な先制点を決めたのが、岡崎慎司だ。4‐3‐3のCFで3試合ぶりに先発起用されたベテランFWは、序盤から積極的なプレーで攻撃陣を牽引。そして、22分に最大の見せ場を作り出す。

 左サイドからダビド・フェレイロがクロスを送り込むと、エリア内中央で待っていた岡崎は、豪快なダイビングヘッド! 昨年12月22日に行なわれたサラゴサ戦以来7試合ぶりとなる、今シーズン5ゴール目をゲットした。

 久々の一発を決めた後も、前線からのフォアチェックなど献身的に働き続け、フル出場を飾った岡崎。その出色のパフォーマンスに、現地スペイン紙は賛辞を贈っている。

『AS』紙が、「12月以来、得点がなかった日本人がようやく笑った。シンジ・オカザキがセンセーショナルなヘッドを決めたのだ」と綴れば、『Mundo Deportivo』紙も、「オカザキのゴラッソだ。ピンポイントのクロスに完璧なヘディングで応えた」と絶賛した。

 もちろん、ウエスカのサポーターも興奮を隠せない。サムライ戦士の待望のゴールに、クラブの公式SNSには、「何てショットだ!」、「君が決めるのはいつもゴラッソ」、「オカザキをベンチにしていた監督は解雇すべきだ」といった称賛の声が集まった。

 暫定3位に浮上し、自動昇格圏内の2位アルメリアと勝点46で並んだウエスカは、次節にラージョ・バジェカーノと敵地で対戦する。岡崎は再びチームを勝利に導くことができるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ