【川崎】高精度クロスが武器でレアンドロ・ダミアンの“後輩”…サプライズ加入の新助っ人ジオゴ・マテウスとは何者?

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2020年01月11日

プレースキックも得意

新体制会見で加入が発表されたジオゴ・マテウス。新たな右SBとして期待だ。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 1月11日、川崎が新体制会見を行ない、サプライズとしてコリチーバから新助っ人SBジオゴ・マテウスのレンタルでの加入を発表した。

「非常にテクニックがあって攻撃的」と庄子春男GMが説明するとおり、クロス精度が高く、プレースキックも得意とするプレーヤーのようで、昨季はレギュラーを固定できなかった右SBでの活躍が期待される。

 その特長を踏まえて、イメージできるのが川崎のCF小林悠やレアンドロ・ダミアンとのホットラインで、好連係を築ければ、新たな得点パターンを確立できそうだ。

 特に昨季、来日したL・ダミアンとは旧知の仲で、ブラジル時代はこの先輩ストライカーから多くを学んだというのだから期待は高まる。

「インテルナシオナルにいた時に、ダミアンがプロで、自分がBチームだったんですが、一緒に練習に車で行ったりしていましたし、自分がプロに上がった時はすごくサポートしてもらいました。インテルナオシオナルを出てからも彼のプレーは見ていました。彼の特長は理解しているつもりです」
「クロス、セットプレーには自身を持っています。(川崎には)エリアで勝負できるFWがいると思うので活かしたいです。アグレッシブに攻撃的にプレーしたい。川崎は好きなスタイルなチームだと思います」と相性も良さそうだ。

 もっとも鬼木達監督は「(練習に初参加した)今日の午前に見ただけですが、技術的なものは良いものがあると思います。ただ外国人選手はどうしてもブラジルで良くても、フィットに時間を要する場合もあるので、長い目で見ているところもあります。しっかりサポートしていきたいです」と慎重な姿勢を示す。

 新助っ人が川崎の攻撃サッカーにどんな変化を加えるのか。そのパフォーマンスは楽しみにしたい。

取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【川崎新体制PHOTO】今年も楽しい音楽との融合イベントとして開催。新助っ人のサプライズ発表も!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ