日韓戦で鮮烈V弾のファン・インボム。日本応援団の前でまさかのゴールパフォに「恥ずかしかった…」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年12月19日

「日本に負けるなんて、一度も思ったことはない」

ゴールを決めてハートポーズを見せるファン・インボム。批判の矢面に立たされ続けた若武者が大一番で大仕事をやってのけた。(C)Getty Images

画像を見る

 韓国代表をE-1選手権3連覇に導いたのは、ずっと批判の矢面に立たされてきた若武者だった。

 水曜日に行なわれた日本戦で、勝つしかないホームチームは序盤から鋭い出足で主導権を掌握し、攻守両面で敵を圧倒。28分にこの試合唯一のゴールを挙げたのが、MFファン・インボムだった。味方のパスをペナルティーアーク付近で受けると、素早く切り返して左足を一閃! ボールは眼前でブロックに来た3人の日本代表選手の間をすり抜け、豪快にゴールネットに突き刺さった。

 殊勲の決勝点を挙げて大会MVPにも選ばれた23歳だが、A代表ではずっと厳しい評価を下されてきた。昨年のロシア・ワールドカップ後にベテランMFキ・ソンヨンが代表引退を表明。新たに指揮官となったパウロ・ベント監督はファン・インボムを事実上の後継者に指名し、中盤の柱に据えた。

 しかしながらチームは思うように結果を残せず、とりわけ得点力不足が顕著。低調なチームの象徴として非難されたのがファン・インボムだった。今大会に入ってもチームはセットプレーでしか得点を奪えず、ファン・インボム自身は香港戦で見事なFKを決めたが、評価は上向かない。日本戦で決めたファインゴールでようやく雑音を封じ込め、起用し続けてくれたベント監督への恩返しに成功したのだ。

「僕自身、この大会にすべてを懸けていた。常に走り回って汗をかき、いっさいの言い訳を自分に許さないと決意して臨んだんだ。だからいま、チームの優勝に貢献できて嬉しい。僕は自分の仕事をしただけ。評価はファンがしてくれるものでしょう」

 あくまで謙虚な姿勢を貫くMFは、得点後に起こった“ハプニング”に対しては照れ笑いを浮かべた。ゴールを決めたあと、なんと日本のサポーターの前でパフォーマンスに及んだのだ。

「ゴールを決めるなんて考えてもいなかったし、決めたらどうしようかも考えていなかった。でも決めた瞬間、日本のサポーターの前で”散策”パフォーマンスをやろうと決めたんだ。でもすぐ目の前を見たら韓国ファンがたくさんいて、恥ずかしかったし、少し動きもぎこちなかったと思う」

 散策パフォーマンスはかつてパク・チソンが2010年5月の日韓戦で先制ゴラッソを決めたあと、日本サポーターの前を颯爽と走りすぎたことで話題となり、2018年のアジア大会決勝ではファン・ヒチャンも試みた。ファン・インボムは「友人(ヒチャン)もやっていたからね」と話している。

 
 同時に、対日本代表戦への強い想いも明かした。

「どんな大会であれ、僕のサッカー人生を振り返るとき、常に日本との試合には勝たなければならなかった。負けるかもしれないなんて一度たりとも思ったことはない。自分自身を奮い立たせて、いつもチームの勝利に身を捧げてきたんだ」

 現在、MLSのバンクーバー・ホワイトキャップスで活躍するファン・インボム。森保ジャパンに引導を渡すド派手なゴールとともに、鮮烈なインパクトを残した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】韓国女子代表のビーナス、イ・ミナの厳選フォトをチェック!
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ