日本、0-1敗戦で韓国にE-1選手権3連覇を許す…終盤は怒涛の反撃を見せるも1点が遠く

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年12月18日

後半途中に大島を投入して完全にペースを掌握

ドリブルで韓国ゴールに迫る上田。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 E-1選手権は12月18日、韓国の釜山アジアドメインスタジアムで大会最終戦となる韓国代表対日本代表の一戦が行なわれ、日本は0-1で敗れた。

 ともに2連勝で迎え、勝った方が優勝を手にする事実上の優勝決定戦。日本は得失点差で上回っており、引き分けでも3大会ぶり2度目の優勝が決まる状況で大一番を迎えた。

 日本は、第2戦の香港戦からスタメン10人を入れ替えて臨んだ。試合はホームの韓国が立ち上がりからハイプレスで押し込み、日本は劣勢に立たされる。

 韓国のハイテンポな攻撃に何度もピンチに晒された日本は、28分ついに先制を許してしまう。左サイドを崩され、最後はファン・インボムに左足で叩き込まれた。韓国が1対0とリードする。前半は日本が1点のビハインドを背負って折り返した。
 迎えた後半、日本は遠藤渓太に代えて相馬勇紀を投入。左サイドから積極果敢な仕掛けを見せ、打開の糸口を探る。韓国も前半ほどの運動量はなく、日本がボールを保持して攻め込むシーンも増えていく。

 62分には井手口陽介に代えて大島僚太を投入して、さらにポゼッションを強める日本だが、韓国も要所で球際の強さを発揮し、日本に決定的なチャンスを与えない。

 日本は75分に鈴木に代えて仲川輝人を投入。終盤は完全にペースを掌握し、韓国陣内へ攻め込むが、ゴールが遠い。

 結局日本は1点を追いつけず、0-1で敗戦。3大会ぶりの優勝はならなかった。韓国はE-1選手権3連覇。日本は2位で大会を終えている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月12日号
    2月27日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    「最新序列」
    開幕戦で見せた全容は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ