【日韓戦速報】強烈ショットを叩き込まれ、韓国に先制許す展開…1点ビハインドで後半へ

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年12月18日

立ち上がりからハイペースに飛ばす韓国に押し込まれる

ファン・インボムの一発で日本は先制を許してしまう。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 E-1選手権は12月18日、韓国の釜山アジアドメインスタジアムで韓国代表対日本代表の一戦が19時30分のキックオフで行なわれている。ともに2連勝で迎え、勝った方が優勝を手にする事実上の優勝決定戦だが、日本は得失点差で上回っており、引き分けでも3大会ぶり2度目の優勝が決まる。

 日本は、第2戦の香港戦からスタメン10人を入れ替え。香港戦でハットトリックを達成した小川航基はベンチスタートで、香港戦からの継続スタメンは田中碧のみ。それ以外は中国戦と同じメンバーとなった。

 試合はホームの韓国がインテンシティの高い立ち上がりを見せ、日本は球際での勝負でやや押され気味の展開に。開始9分にはCKからキム・ミンジェにヘディングシュートを打ち込まれるが、これはクロスバーを直撃。なんとかピンチを逃れる。

 その後も韓国がハイテンポな攻撃を繰り返すが日本もカウンターから反撃。15分、DF三浦弦太からのフィードを収めた鈴木武蔵が自らペナルティエリア内に持ち込み、右足を振り抜く。だがこれは惜しくもゴール右へ枠を外してしまう。

 日本は25分にも韓国のCKからのこぼれ球がポストに直撃するシーンがあったが、28分ついに先制を許してしまう。左サイドを崩され、最後はファン・インボムに左足で叩き込まれた。韓国が1対0とリードする。

 前半は日本が1点のビハインドを背負って折り返した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ