【高校選手権】中津東 1(4PK2)1 青森山田|ジャイアントキリングの立役者は165センチの“エースキラー”

カテゴリ:高校・ユース・その他

サッカーダイジェストWeb編集部

2015年01月01日

前回大会では市立船橋の石田雅俊(現京都)とマッチアップ。

中津東のCB河野。青森山田の大型FW鈴木に対しても、果敢な競り合いを見せた。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 優勝候補の一角、青森山田を破るジャイアントキリングをやってのけたのは、「堅守速攻」をモットーとする中津東だった。3年連続の出場もここ2年は初戦敗退。なんとか全国での1勝を、と臨んだ今大会だった。
 
 チームのサッカースタイルは毎年、「選手たちが主将を中心に話し合って決める」(松田雄一監督)のだそうだ。全国では個で劣るのを認めなければいけない部分もある。そうした点も踏まえて、選手たちは「堅守速攻」というテーマを掲げ、一体となって取り組んできた。
 
 そして個々の力量では、高校サッカーでもトップクラスにある青森山田を相手に、中津東はその持ち味を遺憾なく発揮してみせた。クローズアップしたいのは青森山田の3トップを封じ込んだマンツーマンディフェンスだ。流動的にポジションを変える青森山田の攻撃に対しても、徹底したマンマークでロックオンした相手を放さず、まさに“粘守”を見せつけた。
 
 とりわけCBの河野史勇太の活躍は目覚ましかった。165センチと小柄ながら、俊敏な動きで相手の起点となる1トップを封じ込んだ。
「相手は身体が強かったけど、自分の特徴である粘り強さを出せた」
 
 スタートからはパワフルなドリブル突破を得意とするFW松木駿之介に食らいついてシュートすら許さず、後半途中からは182センチの大型FW鈴木将馬にターゲットが替わり、果敢に空中戦を挑んだ。鈴木にはロングスローからのヘディングで1点を許したものの、「先に飛んで相手の身体を利用するとか、工夫してやれたと思う」と17センチの身長差も恐れず対峙した。
 
 前回大会ではセットプレーからの1点に泣き、強豪の市立船橋に敗れたが、この日は、その時の経験も活きた。
「去年は石田(雅俊・現京都)選手とマッチアップして、完璧に抑えられたわけじゃないけど、ある程度付いていくことができた。それが自信にもなったし、今年は1年間スピードやテクニックのある相手と試合を重ねてレベルアップを図ってきた」(河野)
 
 残り3分に同点に追いつかれた場面でも、「気持ちの部分で落ちかけたけど、キャプテン(山本隼斗)の声でもう一度前を向いていけたし、最後まで自分たちのスタイルをやり通せた」と、勝利への執念を持ち続け、PK勝ちを手繰り寄せた。
 
 ここ2年の悔しさをバネに、ようやく初戦の壁を突破した中津東。165センチの小柄な“エースキラー”は、その後に続く快進撃の立役者となるかもしれない。
 
取材・文:長沼敏行(サッカーダイジェストWeb)

■試合の結果
中津東 1(4PK2)1 青森山田
得点者/中=奥(前半33分)
    青=鈴木(後半37分)

【高校選手権photo】中津東 1(4PK2)1 青森山田
 


 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月5日発売
    欧州サッカーの1年を凝縮!
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の保存版をお届け
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月27日号
    6月13日発売
    久保建英は欧州へ旅立つ?
    「夏の㊙移籍ファイル」
    テーマ別に総チェック!
    大宮&大分特集も必見
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月19日発売
    2019-2020シーズンは
    この布陣で戦え!
    メガ14クラブ「最強モデル」
    第2特集は“リバプールに学べ”
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ