「なぜVARが介入しない」「ソシエダにはPKを…」首位陥落危機のバルサ、判定に怒り収まらず!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年12月15日

スペイン・サッカー連盟に抗議文書を提出か

R・ソシエダ戦の終盤、ピケが敵ペナルティーエリア内で倒されるシーンがあったが……。(C)Getty Images

画像を見る

 レアル・マドリーとのクラシコという大一番を前に、痛いドローだった。

 バルセロナは12月14日、ラ・リーガ第17節でレアル・ソシエダと敵地で2-2と引き分けた。勝点1を得るにとどまったバルサは、15日のバレンシア戦でマドリーが勝てば、宿敵に首位の座を明け渡してクラシコを迎えることになる。

 序盤にセルヒオ・ブスケッツのファウルでPKを取られ、先制を許したバルサは、アントワーヌ・グリエーズマンとルイス・スアレスのゴールで逆転に成功。だが62分に再び追いつかれ、再度の勝ち越しを目指して攻勢に出た。

 そして迎えたアディショナルタイム、バルサはジェラール・ピケがエリア内で倒されたとして主審に猛アピール。だが、ホイッスルは鳴らず、ビデオアシスタントレフェリー(VAR)の介入で判定が覆ることもなく、ドローのままタイムアップを迎えた。

 スペイン紙『Marca』によると、試合後にフレンキー・デヨングは「ソシエダのPKを取ったのなら、ピケに対するプレーもPKにすべき」とコメント。ブスケッツは自身がPKと判定されたプレー以上に、ピケに対するプレーは明白なPKだったと主張している。

「なぜVARが介入しなかったのか分からない。こういう時にVARが介入すべきだ」
 
 『Marca』紙によると、元主審のアンドゥハル・オリベル氏も『Radio MARCA』で「前半にソシエダにPKを与えたのなら、これもバルセロナに対するPKとすべきだった」と述べている。

 また、同紙のアンケートでは、約7万3000人のユーザーのうち、64%がバルサに対するPKだったと回答した。ちなみに、約5万1000人のユーザーのうち60%が、ソシエダに対するPKも正しい判定だったと答えている。

 クラブはこの判定に激怒しているという。『ESPN』やスペイン紙『Marca』は、バルサのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長は、スペイン・サッカー連盟に抗議文書を提出すると報じた。

 クラシコに向けて気持ちを切り替えることが重要なバルサだが、今回の判定は物議を醸しそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】グリエーズマンが古巣R・ソシエダから決めた絶妙ループ弾!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ