• トップ
  • ニュース一覧
  • 横浜キャプテン喜田、感極まり涙…15年ぶりのJ1制覇に「長くやっている身として責任を感じていた」

横浜キャプテン喜田、感極まり涙…15年ぶりのJ1制覇に「長くやっている身として責任を感じていた」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年12月07日

6万3854人の大観衆に「それだけ待ってくれていたんだと思う」

試合後の優勝インタビューでは、感極まり涙を流す場面もあった喜田。キャプテンとしてチームをまとめてきた。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 15年ぶりの優勝に、キャプテンの目から熱いものが溢れ出した。

 最終節の横浜F・マリノス対FC東京の直接対決で雌雄を決するという劇的な展開となったJ1リーグは、3-0の快勝を収めた横浜が15年ぶり4度目のリーグ制覇を飾った。

「3点差の敗戦」でも優勝が決まる有利なシチュエーションではあったが、横浜は終始持ち味の攻撃サッカーを展開。26分のティーラトンの先制弾を皮切りに、前半終了間際にエリキが追加点を奪うと、後半もひとり少ないながらカウンターから遠藤渓太が単独で持ち込んでねじ込み3点目をゲット。ホーム最終戦、6万3854人のJリーグ新記録となる大観衆の前で、勝利で優勝を決めた。

 試合後、優勝インタビューに応じたキャプテンの喜田拓也は、感想を求められると、「いやもう……」としばし絶句。感極まり、目には熱く光るものがあった。そして「みんなの頑張りのおかげで優勝出来ました。ありがとうございます」と答えた。

 15年ぶりのリーグタイトルの奪還。これには下部組織出身の喜田も「本当に長くて……、このクラブで長くやっている身としては責任を感じていた」という。さらに「15年ぶりにタイトルということで、本当にみんなが頑張ってきたおかげだと思うし、きょうはみんなでたくさん喜びましょう」とサポーターらにも呼び掛けた。

 また、Jリーグ新記録となる観衆を集めた試合には「それだけ(優勝を)待ってくれていたということだと思う。本当にみんなの力で勝ち取ったJ1制覇。本当に嬉しいです」と、クラブに関わるすべての人々の力を結集した成果であることを強調していた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

次号のサッカーダイジェストは横浜F・マリノスの「J1リーグ優勝」を大特集! 完全保存版で12月12日(木)発売!
【関連記事】
横浜、記録づくめの戴冠劇!史上最多観客数に初の同一チーム得点王2名、タイ人初のJ優勝、さらに令和初の…
横浜F・マリノスが15年ぶり4度目のJ1制覇!FC東京との優勝決定戦を3-0の完勝で制す!!
湘南が松本の意地の一撃で90分に追いつかれプレーオフ行き確定…三つ巴の争いに決着!
【E-1選手権・中国戦の予想スタメン】3バック?4バック?楽しみなのは10番・仲川を含めた前線の構成
【J1ベストイレブン】タレント軍団を手玉に取ったチャナティップが初のMVP!J初ゴールを挙げた同胞ティーラトンも選出

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ