【移籍市場超速報】インテルがポドルスキ、ディアッラ他、積極的に補強を展開中

カテゴリ:メガクラブ

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2014年12月29日

ポドルスキ獲得が決定した後はディアッラ、サラー獲得に着手。

インテル入り間近とされるポドルスキ。両者にとって素敵なプレゼントとなるか。 (C) Getty Images

画像を見る

ドリブルの技術に長けたサラー。決定力もあり、攻撃面では大きな武器となるエジプト代表だ。 (C) Getty Images

画像を見る

 ロンドンを訪れているインテルのピエロ・アウジリオSDは、27日午後、アーセナルのヴェンゲル監督およびそのスタッフと会談し、ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ獲得に向けた交渉を行なった。
 
ポドルスキ本人はすでにインテルへの移籍に同意しており、残るハードルはアーセナルとの合意のみ。あと1年半しか契約が残っていないことから、インテルとしては有利な条件でのレンタルを実現したいと考えている。
 
 さらにインテルはウイングの補強にも動いており、有力候補のひとりとして、22歳のエジプト代表モハメド・サラー(チェルシー)をリストアップしている。
 
 現在、すでに何度も接触している代理人を通して、レンタルで獲得できる可能性があるかどうかをチェルシーに打診中。サラーには他に、アトレティコ・マドリー、サンダーランドも興味を示していることから、それも含めた動向を注視している状況だ。
 
 さらにインテルは、ロコモティフ・モスクワとの契約を解消した元フランス代表ラッサナ・ディアッラにも強い興味を示している。
 
 すでにミラノでメディカルチェックを実施済みで、後はロベルト・マンチーニ監督の最終的な決断、そしてディアッラがロコモティフとの間に抱えている係争の見通しが明らかになるのを待つのみという状況だ。
 
 なお、これらの案件で最も優先順位が高いのはポドルスキであり、サラー、ディアッラについては、ポドルスキ獲得が決定した後で詰めに入るという状況だ。
 
 最後にインテルが求めているもうひとつのポジションがSB。こちらは左右両サイドでプレーできる26歳のメキシコ代表ミゲル・ラユン(クラブ・アメリカ)がリストに挙がっている。

文:ジャンルカ・ディ・マルツィオ
翻訳:片野道郎

かつてはレアル・マドリーで背番号10をつけたディアッラ。守備面での貢献が大いに期待できる。  (C) Getty Images

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ