【ACL決勝速報】浦和、白熱の攻防を展開も前半は0-0で終了。アル・ヒラルが2戦合計で1点リード

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年11月24日

序盤から浦和が敵陣に押し込む展開

浦和の青木がボランチとして攻守でチームを支える。写真:徳原隆元

画像を見る

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝、浦和レッズ対アル・ヒラル(サウジアラビア)の第2戦が11月24日、埼玉スタジアムで19時キックオフで行なわれている。浦和は2年ぶり3度目のアジア制覇を狙う。

 アウェーでの第1戦を0対1で落とした浦和は、第1戦を累積警告による出場停止で欠場したGK西川周作がスタメンに復帰。前線には興梠慎三、ファブリシオ、長澤和輝らおなじみのメンバーが並んだ。

 試合は序盤、浦和が前線からの激しい守備と相手ディフェンスの背後へのフィードを狙って押し気味に試合を進める。9分には関根貴大のクロスからチャンスを広げ、橋岡大樹がシュートを放つが、相手GKの果敢なセーブに遭い枠を捉えられない。

 一方アル・ヒラルも立ち上がりこそ浦和の勢いに押されたものの徐々に落ち着きを取り戻し、元イタリア代表のセバスティアン・ジョビンコやサウジアラビア代表アル・ファラジを起点とした展開でチャンスを窺い始める。

 24分、浦和にビッグチャンスが訪れる。右サイドから韓国代表DFチャン・ヒョンスとの競り合いを制した興梠が抜け出し、中央の長澤へ折り返す。長澤の落としに反応した関根が右足ボレーで狙うが、これは相手DFのブロックに遭ってしまう。

 その後も一進一退の攻防が繰り広げられたが、前半は0-0で終了した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ