札幌がルヴァン決勝の鬱憤を晴らす3発快勝で7位浮上!名古屋はフィッカデンティ体制いまだ勝利なし

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年11月02日

名古屋は後半途中、吉田が一発レッドで退場に

先制点を挙げた深井。深井の写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグは11月2日、各地で30節の7試合を開催。札幌ドームでは、北海道コンサドーレ札幌対名古屋グランパスの一戦が行なわれ、札幌が3-0の快勝を収めた。
 
 ルヴァンカップ決勝の悔しい敗戦から切り替えて臨みたい札幌は、立ち上がりから中盤でボールを握り、1トップの鈴木武蔵が何度も裏を狙う動きを見せるも、相手の身体を張った守備を攻略できず、決定機を作れない。
 
 危険なカウンターを仕掛けられるシーンはあったものの、福森晃斗、キム・ミンテ、進藤亮佑の3バックがコンパクトな守備陣形を保ち、最後の局面で名古屋のアタッカーに仕事をさせず。すぐさま、落ち着いてビルドアップし、攻撃を組み立てる。
 
 すると35分に、左CKを得た札幌は、キッカーの福森がアウトスイングのクロスを送ると、このボールに反応したのはルヴァンカップ決勝でも起死回生の同点弾を放った深井一希。相手DFのマークをうまく外して頭で合わせ、ネットを揺らした。深井のリーグ戦今季初ゴールで、ホームチームが先制に成功する。
 
 後半に入り、さらに攻勢を強めた札幌は、71分にペナルティエリア内で鈴木が吉田豊に倒されPKの判定となり、吉田は一発レッドで退場に。この決定機をキッカーの鈴木がしっかりとゴール右に沈めて2点目を挙げる。
 
 数的優位な状況となり、勢いが増した札幌は、自陣での落ち着いたパスを回しから、相手の隙を突く縦パスで相手ゴールを脅かすと、86分にもルーカス・フェルナンデスが追加点を決め、3-0で快勝を収めた。
 
 この結果、札幌は5試合ぶりの勝利で7位に浮上。一方、名古屋は8試合白星なしで、マッシモ・フィッカデンティ体制では2分け2敗に。J1参入プレーオフ圏内の16位・湘南と勝点2差の14位に留まっている。
 
 次戦、札幌は9日にアウェーで横浜と、名古屋はホームで神戸と対戦する。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ