【J2】首位・柏が”千葉ダービー”を制して昇格へ大きく前進!2~7位が3ポイント差にひしめく大混戦に!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年10月20日

“千葉ダービー”を制した首位・柏が2位との勝点差を8に

2位に8ポイント差をつけた柏レイソル。残り5節、1年でのJ1復帰が見えてきた。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J2リーグは、10月20日に各地で第37節の7試合を開催した。上位陣が敗戦を喫する一方、危なげなく勝利を収めた首位・柏が、独走態勢に入りつつある。

 敵地で千葉と対戦した柏は、前半に2点を挙げると、後半開始早々にも加点し、3-0の完封勝利。3試合ぶりのクリーンシートで“千葉ダービー”を制し、勝点72で首位をキープした。

 2位の山形は敵地で金沢と対戦。終盤まで0-0で推移していたが、90分にCKから金沢DFの山本義道にヘッドで決められ、0-1の手痛い敗戦となった。山形は2位を維持したものの、勝点は64で3位の横浜FCと並んでいる。金沢は連敗を3で止め、勝点53で10位となっている。

 前節まで5位の水戸は、19位で残留争い真っ只中の町田とホームで対戦。3分にCKからDFの宮大樹が決めて、幸先良く先制する。しかし、24分に中島裕希のゴールで1-1に追いつかれ、そのままドロー決着。水戸は勝点61で6位に順位を落とし、町田は同36で19位は変わらず。

 最下位(22位)の岐阜は本拠地で愛媛に2-0と勝利し、勝点を29に伸ばす。21位の岐阜はホームで0-2で琉球に敗れ同30、20位の鹿児島はホームで山口と0-0のスコアレスドローで同32となった。順位の変動はなかったが、下位3チームが勝点3差にひしめいている。2チームがJ3へ自動降格となる残留争いは、熾烈になってきた。

 その他、岡山がホームで長崎に2-1と勝利を収めた。2点を先行した岡山は、69分に長崎の玉田圭司に1点を返され追い上げられたが、なんとかしのぎ切り、勝点を60に伸ばし8位に。一方の長崎は同53で11位となった。

 この結果、台風19号の影響で中止となった大宮対福岡の1試合が未消化ながら、1位の柏が2位の山形との差を8ポイントに広げ、独走態勢に入った。その山形と7位の徳島との差はわずか3ポイント。自動昇格、そしてプレーオフ出場資格が与えられる6位以内を巡る戦いは稀に見る大混戦となっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月28日号
    11月14日発売
    冬の移籍マーケット
    Jリーガー、欧州組etc
    注目株30人の
    「去就大予測」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ