2年2か月ぶりのゴールも浅野拓磨がタジキスタン戦で「悔しさが残った」ワケは?

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年10月16日

「自分の中でオプションを増やせている」

2017年8月のアジア最終予選・オーストラリア代表戦以来となる2年2か月ぶりのゴールを記録した浅野拓磨。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[カタール・ワールドカップ・アジア2次予選]日本 3-0 タジキスタン/10月15日/リパブリカン・セントラル・スタジアム


 ともにアジア2次予選を2連勝で迎えた日本代表とタジキスタン代表の一戦は、3-0で日本が勝利を収めた。

 アウェーでの難しい試合にとどめを刺したのは浅野拓磨の2年2か月ぶりとなる代表戦でのゴールだった。

「代表の試合は久しぶりですし、そんな中ゴールをとれて嬉しさもありますけど、この試合を終えて個人的には悔しさもありますね。チャンスはあと2本はあったと思うんですけど、その2本とも絶対に決めておかないといけないシーンだった。そこで決められるかどうかが今後は響いてくると思います。僕はその2本の印象の方が強く、悔しさが残りました」

 南野の2ゴールでリードした後の、64分に中島翔哉と交代でピッチに入った浅野は、82分、右サイドの酒井宏樹からのクロスボールを高い打点のヘッドで叩きつけ3-0とリードを広げた。

「(酒井)宏樹さんが持った瞬間に、ファーまで流れてきたらイケるなと、僕なりにタイミングが合っていたので、思い通りのボールを入れてくれたので」

 代表での連係には手応えもあったという。今回浅野が起用されたのは2列目の左サイド。

「練習でも(左サイドのポジションで)やっていましたし、自分のチームでも(ウイングとして)プレーしています。たぶんチームでのプレーを見て、(2列目の左で)使われたのかなと思います。

 サイドでやるということは、守備もFWでやるよりも求められますし、そこは自分のチームでもすごく意識しながらやっています。今後はもっともっと賢くプレーしないといけないのかなと、試行錯誤している最中です。自分のチームでもウイングとしてやれているというのは一つ自分の中でオプションを増やせているので良いかなと思います」

 絶好調の南野拓実を筆頭に、中島翔哉、堂安律、久保建英、モンゴル戦で3アシストと猛アピールの伊東純也など、タレントがひしめく日本代表の2列目に、また一人頼もしい戦力が名乗りを上げた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月28日号
    11月14日発売
    冬の移籍マーケット
    Jリーガー、欧州組etc
    注目株30人の
    「去就大予測」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ