【ルヴァン杯】川崎、第2戦0-0ドローも鹿島を合計スコアで上回り5度目のファイナルへ!初優勝を懸け札幌と激突!!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年10月13日

川崎はルヴァン初制覇へ、2年ぶりの決勝進出

途中投入の大島が起点となり、川崎は再三相手ゴールに迫った。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 JリーグYBCルヴァンカップは10月13日、準決勝第2戦の2試合を開催。県立カシマサッカースタジアムでは、鹿島対川崎の一戦が行なわれた。第2戦は0-0で引き分けに終わったものの、2戦合計3-1で、川崎が2年ぶりの決勝進出を決めた。

 第1戦を3-1で勝利した川崎が2点リードと優位な状態で迎えた第2戦。試合は、開始わずか3分に鹿島の犬飼智也が足を痛めてプレー続行不可能となり、チョン・スンヒョンを投入。ホームチームが、早くも交代カードを1枚使うことに。

 主導権を握る川崎だったが、22分に一瞬の隙を突かれて上田綺世にヘディングでゴールネットを揺らされる。しかし、オフサイドの判定となり失点を免れた。
 
 その後も敵陣深くで細かくパスを繋ぎ、再三にわたりシュートチャンスを作るも、精度を欠いて得点には至らず、スコアレスで前半を折り返す。
 
 後半開始早々の48分に川崎が決定機を得る。ペナルティエリア手前右からの家長昭博のファーサイドへのクロスに走り込んでいた小林悠が合わせるも、GKクォン・スンテのファインセーブに阻まれる。

 57分には第1戦で怪我から約3か月ぶりに復帰した大島僚太が2戦連続でピッチに立つ。投入直後から、大島が高い位置でボールを落ち着かせることで、攻撃の厚みが増した川崎がさらに攻勢を強める。

 小気味良いパス回しで、鹿島を自陣に押し込み、猛攻を仕掛ける続ける川崎だったが、相手の粘り強い守備に苦しみ、最後までネットを揺らせず0-0のドロー決着。

 この結果、ホームの第1戦を勝利している川崎の決勝進出が確定。ファイナルはお互いに初優勝を狙う川崎対札幌の対戦となった。

 これまで4度(2000、07、09、17)決勝進出しながらトロフィーまであと一歩のところで勝ち切れず、優勝を逃してきた川崎は、悲願のJリーグカップを懸けた戦いへ挑む。

 1992年から27回目を数えるルヴァンカップ決勝は、26日の13時5分から埼玉スタジアム2002で行なわれる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【ルヴァン杯 鹿島 0-0 川崎 PHOTO】終始激しい攻防を見せた両者!!1戦目を制していた川崎が2年ぶり決勝へ!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月28日号
    11月14日発売
    冬の移籍マーケット
    Jリーガー、欧州組etc
    注目株30人の
    「去就大予測」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月21日発売
    課題はこれで解決!
    欧州ビッグクラブ
    「冬の改造プラン」
    FOOTISTAシリアルコード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ