残り6節、鹿島ついに首位浮上! 犬飼智也の決勝ヘッドで5連勝中のC大阪を1-0撃破

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年10月06日

CKから長身DF町田の折り返しを犬飼が押し込む!

先制点を決めた犬飼。鹿島がリーグ首位に立った。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 残り6節となったJ1終盤戦、鹿島がついにリーグ首位に立った。

 J1リーグは10月6日、各地で28節の3試合を開催。ヤンマースタジアム長居では、セレッソ大阪対鹿島アントラーズの一戦が行なわれ、鹿島が1対0で勝利を収めた。

 5連勝と波に乗り前節終了時で4位のC大阪に対し、2位の鹿島はレオ・シルバと三竿健斗の主力ボランチが戦線離脱するなど、ここに来て負傷者が続出。注目の一戦は、前節の大阪ダービーで7年半ぶりの勝利を挙げて勢いのあるC大阪と、総力戦で臨む鹿島という構図となった。

 ゲームは序盤に動いた。6分、鹿島は左CKを得ると、永木亮太はファーサイドへの大きなクロスボールを蹴り込む。これを左サイドバックで先発出場のDF町田浩樹が頭で折り返すと、これに飛び込んだCB犬飼智也がヘディングシュートで押し込んだ。アウェーの鹿島が先制する。

 先制した鹿島はC大阪に攻勢を許すものの、要所を締めたディフェンスで得点までは許さない。前半は鹿島の1点リードで終了する。

 迎えた後半も1点を追うC大阪が途中出場の舩木翔やブルーノ・メンデスが果敢に仕掛けていくが、鹿島も球際での激しさと巧みな組織ディフェンスで隙を見せない。一方の鹿島もカウンターから追加点を窺うもののゴールには至らず。

 結局、試合は1-0でタイムアップ。鹿島がC大阪を下した。これで鹿島は勝点を55に伸ばして、同53のFC東京をかわして、今季初めての首位浮上(順位確定時)となった。一方のC大阪は、連勝は5でストップ。勝点は46にとどまり暫定5位となった。

 代表ウィークを挟んで行なわれる29節(10月18日)では、鹿島は敵地で松本と対戦。C大阪はやはり敵地で札幌と対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ