「皮肉かと思った…」スパイ騒動があったのにフェアプレー賞!? ランパード、ビエルサとリーズの表彰を疑問視

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年09月28日

「不適切だったと思う」フェアプレー賞

ビエルサとリーズのフェアプレー賞の受賞にランパードは異議を唱えた。 (C) Getty Images

画像を見る

 マルセロ・ビエルサ監督率いるチャンピオンシップ(英2部)のリーズは、昨シーズンに相手選手が負傷している間に得点したのを受け、再開後にわざと失点。その一連のプレーをFIFAからフェアプレー賞を贈られた。

 この表彰に疑問を投げかけたのが、昨シーズンのチャンピオンシップでダービーを率い、ビエルサのリーズと戦ってきたフランク・ランパードだ。現在チェルシーを率いる指揮官は、“スパイ騒動”があったリーズの「フェアプレー」が表彰されたことに違和感を覚えている。

 リーズは、昨シーズンの対戦前にダービーの練習を偵察。ビエルサ監督は、「南米で習慣的にやってきたことだ」と話したうえで、イングランドで偵察行為が許されないことであれば、責任は自分にあると認め、リーズには罰金処分が科されていた。

 ゆえにランパードは、「みんな同じ反応だったんじゃないか。スパイ騒動は大きなニュースとなったからね」と述べた。

「その同じ年にフェアプレー賞は、正直正しくないと思う。わたしは笑ったよ。だれが投票したのか知らないが、スパイ騒動の件はよく知られているはずだ。不適切だったと思う。それ以上、言う必要はないだろう。ああいうことがあってフェアプレー賞とは、最初は皮肉かと思ったよ」

 さらに、ランパードは、「わたしにとっては不思議だったよ」とコメント。リーズが相手にゴールを“お返し”したこと自体は適切だったと評価したうえで、フェアプレー賞には値しないと断じた。

「(ゴールを返すことで)バランスを取ったのは非常に正しかった。それだけだ。そのうえで、彼らがフェアプレー賞を贈られるのは不思議な決定だった」

 スパイ騒動の際に怒りを見せていたランパードにとって、ビエルサが率いるリーズが「フェアプレー」で称賛されるのは受け入れがたいようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ