写真で振り返る歴代バロンドール受賞者たち――1956~2013

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2014年12月02日

過去に受賞したのは43人。数多くの名アタッカーが名を連ねる。

2014年の最終候補に残ったのは、C・ロナウド、メッシ、ノイアーの3名。 (C) Getty Images

画像を見る

 12月1日、2014年の世界年間最優秀選手『FIFAバロンドール』の最終受賞候補の3名が発表され、クリスチアーノ・ロナウド(レアル・マドリー)、リオネル・メッシ(バルセロナ)、マヌエル・ノイアーが選出された。受賞者は来年、1月12日に発表される。
 
 バロンドールは1956年にフランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』によって創設され、当初、対象とされる選手はヨーロッパ国籍を有する選手に限られていたが、95年にUEFA加盟のクラブでプレーする選手であれば、国籍が問われなくなった。その後、2007年に授賞対象が全世界でプレーする選手に広げられ、09年には91年に創設されたFIFAの年間最優秀賞と統合された。
 
 バロンドールはこのように形態を変えながら、過去43人の選手たちにフットボーラーとして最高の名誉と“バロンドール”の由来でもある「黄金のサッカーボール」の形をしたトロフィーをもたらしてきた。
 
 過去の受賞者たちの顔ぶれを振り返ると、オランダ代表のヨハン・クライフやフランス代表のミシェル・プラティニ、ブラジル代表のロナウドなど攻撃の名手たちが選出される傾向が強い。
 
 ここ、6年はC・ロナウドかメッシのどちらかが受賞しているため、バロンドールの意義が度々問われているが、ふたりの圧倒的なパフォーマンスを見ると、受賞にも十分納得がいく。
 
 さて、2014年は最終候補に残った3人のうち、一体誰が受賞するのか? その前に過去の受賞者43人を振り返ろう。
 
【写真で振り返る】バロンドール歴代受賞者――1956~1985
【写真で振り返る】バロンドール歴代受賞者――1986~2013
【関連記事】
ボルドーかアーセナルか――引退後のアンリが入閣するのは?
【松本山雅FC】反町康治インタビュー “語録”で振り返るJ1昇格の軌跡
世界ベストイレブン候補DF部門にイタリア人なし……カルチョの国から名CBが消えた理由とは?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ