シマオ・マテの強烈ヘッドが決勝弾!仙台が札幌を3ゴールで下して5試合ぶりの勝利!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年09月14日

R・ロペスが今シーズン5ゴール目で試合を決定づける

強烈ヘッドで決勝ゴールを奪ったシマオ・マテを奪った。写真:滝川敏之

画像を見る

 Jリーグは9月14日、26節の7試合を各地で開催。札幌厚別公園競技場で行なわれた札幌対仙台の一戦は、3-1で仙台が勝利を収めた。
 
 試合は開始2分にさっそく仙台がチャンスを迎える。ハモン・ロペスがペナルティエリア手前の中央で倒されてFKを得ると、キッカーの永戸勝也がゴール右上の絶妙なコースに蹴り込む。しかし。相手GKのファインセーブに遭い、得点ならず。
 
 仙台はダブルボランチの富田晋伍と松下佳貴を筆頭に、中盤での組織的な守備から、速攻を仕掛ける。シュートチャンスを数多く作り、仙台ペースで試合が進む。
 
 札幌にパスを回されても焦らず、落ち着いて取りどころを見きわめる仙台は、32分に蜂須賀孝治のボール奪取から、パス交換をしながら持ち上がる。ペナルティエリア内左でボールを受けたR・ロペスがグラウンダーのシュートを放つと、GKが弾いたこぼれ球が逆サイドにこぼれる。これに反応した松下がしっかりと押し込み、貴重な先制点を挙げる。松下は今シーズン3ゴール目。
 
 一方で札幌は、なかなか効果的な攻撃ができないまま、仙台のリードで前半を折り返す。
 
 札幌は後半、ディフェンスラインから、キープ力のあるチャナティップへの橋渡し役として、ボランチに深井一希を投入する。
 
 すると50分、細かいパス回しから左サイドで受けた白井康介がドリブルで仕掛けて中にパスを供給。受けたチャナティップがさらに中央に走り込んでいた荒野拓馬に丁寧に落とし、これを荒野がダイレクトで強烈なシュートを放つと、相手に当たって弾道が変わり、ゴールに収まる。
 
 振り出しに戻された仙台だったが、そのわずか3分後。右CKからキッカーの永戸がゴール前に精度の高いクロスを送る。これをシマオ・マテが一歩下がりながら、強靭なフィジカルでDFをはねのけて頭で合わせると、GKの手を弾き、ネットを揺らす。仙台が再び1点をリードする。
 
 なんとしてでも得点が欲しい札幌は、67分に白井に代えてアンデルソン・ロペスを投入する。前線に鈴木武蔵、ジェイ、A・ロペスの大型アタッカー3枚を配置して超攻撃的布陣で同点ゴールを狙う。
 
 しかし、仙台はチーム全体が組織的に動いて、相手にスペースを与えず。85分にもCKから仙台のR・ロペスが右足で合わせて、試合を決定づける今シーズン5ゴール目を決める。見事な守備で札幌の攻撃陣に最後まで仕事をさせなかった仙台が、3-1で5試合ぶりの勝利を挙げた。
 
 この結果、仙台が暫定で11位に浮上。札幌はルヴァンカップでクラブ史上初の4強入りを果たした勢いを維持したかったが、5試合ぶりの敗戦を喫した。
 
 次節は28日に、札幌はアウェーで鹿島と、仙台はホームで横浜と対戦する。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月10日号
    9月26日発売
    全4135選手!
    都道府県別
    Jリーガー
    輩出ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月17日発売
    欧州81クラブの
    最新スタイルを総点検
    「戦術&キーマン」
    完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ