C・ロナウドとナイキの契約内容を独誌がスクープ! 10年間の報酬総額はもはや想像の域を…

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年09月08日

2015年当時の年収が「281億円」とも報じられた

いまや史上もっとも稼いだフットボーラー、といっても過言ではない。(C)Getty Images

画像を見る

 欧州最大の発行部数を誇るドイツ週刊誌『DER SPIEGEL』が、驚きのスクープを提供した。

 同誌が現地9月9日にリリースするのが、特別増刊号「Football Leaks2」。フットボール界の裏側にあるさまざまな噂や謎にメスを入れ、白日のもとにさらすMOOK本である。その先出しニュースとして電子版で紹介したのが、ユベントス所属のポルトガル代表FWクリスチアーノ・ロナウドにまつわる“カネ”の話だ。

 C・ロナウドは、アメリカのスポーツ用品メーカー『NIKE』社とスポンサー契約を結んで久しい。2016年には新たに10年の契約延長を果たしたわけだが、今回その報酬額を『DER SPIEGEL』誌がすっぱ抜いたのである。

『NIKE』社とC・ロナウドの肖像権等を扱う『POLARIS SPORTS』社の間で交わされたスポンサー料は、10年総額で驚愕の1億6200万ユーロ(約202億5000万円)! 1年で換算すると1620万ユーロ(約20億2500万円)で、これは『NIKE』社が契約しているプロアスリートのなかで一番の数値で、世界を見渡してもトップではないかと報じている。

 さらに同誌は、次のように説明している。

「1億6200万ユーロはあくまでもベースとなる報酬だ。例えばロナウドがバロンドール、あるいはFIFA年間最優秀選手賞に選ばれれば、それだけで400万ユーロ(約5億円)のボーナスが支払われる。我々の問い掛けに対して、『POLARIS SPORTS』社、代理人のジョルジュ・メンデス氏、そしてマネジメントを担当している『GESTIFUTE』社から回答は得られなかった。ただ『NIKE』社のみ、『アスリートとの契約内容に関してのコメントはいっさいできない』とだけ返答してきている」

 
 昨年夏にレアル・マドリーからユベントスに移籍したC・ロナウド。現在フットボーラーとしての年収は4000万ユーロ(約50億万円)を超えているとされ、昨年に脱税疑惑をかけられた際には、2015年当時の年収が2億2500万ユーロ(約281億2500万円)だったことが明かされた。ここ数年でホテル経営や下着、香水のオリジナルブランド展開など、次から次へとビジネスチャンスを掴んでおり、総収入額はさらに膨らんでいるだろうか。

 永遠のライバルであるリオネル・メッシや、NBAのスター選手たちでもとうてい及ばない額を稼いでいるポルトガルの英雄。ドイツの『DER SPIEGEL』誌は、「ロナウドほどのスター性と商業的価値を持った選手は見当たらない」との一文で結んでいる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月19日発売
    現役監督が「ビッグ12」の
    戦力を採点&格付け
    「CL完全読本」
    全32チーム選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ