「メッシもスアレスも騙されたと…」ネイマールの移籍破談でバルサに広がる“疑心暗鬼”

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年09月05日

MSNの再結成に期待は膨らんだが

開幕3試合で1勝1分け1敗と調子が上がらないバルサ。メッシ不在の影響が色濃く……。(C)Getty Images

画像を見る

 今夏最大のメガディールとなるはずだった、ネイマールのバルセロナ帰還オペレーション。成立目前とされながらも最終的に条件面で折り合わず、ブラジル代表エースのパリ・サンジェルマン残留が確定した。
 
 ネイマールの落胆ぶりは想像に難くないが、それはバルサの元チームメイトたちも同様のようだ。スペイン全国紙『Marca』は「バルサのロッカールームで膨らむ不満」と題して、次のようにレポートしている。
 
「ネイマールのバルサ復帰によって、チームにはMSN(リオネル・メッシ、ルイス・スアレス、ネイマールのトリオの呼称)の再結成を望む声が大勢を占めていた。とくにメッシやスアレスら年長者たちは切望したとされ、ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長も獲得に向けて注力すると約束したという。だが、クラブ首脳部はかならずしも積極的ではなかった。交渉は決裂に終わり、選手たちは騙されたような気分になっているのだ」
 
 
 さらにパリSGによる逆オファーで、「金銭+3選手」の条件に含まれていたイバン・ラキティッチに対しては「落ち着かない日々を送っただろう。エルネスト・バルベルデ(監督)が必要だと断言しても、心中穏やかではなかったはずだ」と記し、同じくトレード要員でレンタル移籍を拒否したとされるウスマンヌ・デンベレに関しては、「またしても彼はプロフェッショナリズムに欠けた行動に出た」と断じている。
 
 メッシの欠場が続くラ・リーガでは、開幕3試合で1勝1分け1敗と低調なスタートを切ったバルサ。『Marca』紙は「ネイマールはメッシ依存症を克服する切り札だったが……」と綴りつつ、最後は「今回のインターナショナル・ブレイクはまさに渡りに舟。怪我人がみんな戻ってくるだろうし、バルベルデがいま一度、ロッカールームの雰囲気をポジティブなものに変えるだろう」と期待を込めた。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ