【ルヴァン杯準々決勝】鹿島が敵地で3-2先勝! 浦和は3点ビハインドから詰め寄り第2戦へ

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年09月04日

前半は鹿島が8分間で3得点のゴールラッシュ。後半は浦和が2分で2得点

35分、鹿島のブエノがゴールラッシュの口火を切る。写真:滝川敏之

画像を見る

 Jリーグのルヴァンカップは9月4日、プライムステージ準々決勝第1戦の4試合を各地で開催。埼玉スタジアムでは浦和レッズ対鹿島アントラーズが行なわれ、3対2でアウェーの鹿島が先勝した。

 鹿島は35分、セットプレーからブエノが頭で押し込み先制。すると、ここから怒涛のゴールラッシュを見せる。38分にはレオ・シルバからのクロスに土居聖真が頭で合わせ2点目。さらに43分、土居のシュートのこぼれ球に詰めた名古新太郎が押し込み、前半で鹿島が3点をリードする展開となった。

 しかし、後半は浦和が猛反撃。58分に武藤雄樹のシュートのこぼれ球に、途中出場の興梠慎三が詰めてネットを揺らすと、直後の60分、今度はCKからの混戦のボールに槙野智章が頭で押し込み、1点差に詰め寄る。

 その後もホームの浦和が押し込む展開となるが、GKクォン・スンテの好セーブもあり、ゴールは生まれず。結局、3対2で鹿島が敵地で第1戦をモノにした。

 第2戦は9月8日、県立カシマサッカースタジアムで18時30分のキックオフで行なわれる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ