【写真でプレーバック】内田篤人――日の丸を背負った俊英サイドバックの軌跡

カテゴリ:日本代表

週刊サッカーダイジェスト編集部

2014年11月14日

A代表デビューから現在に至るまでを写真とともに

代表復帰を果たした内田篤人。 (C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 日本サッカー界の寵児として誰からも愛された若きサイドバックは、いまや日本代表にとって欠かせない不動の存在へと成長を遂げた。
 
 内田篤人――。A代表デビューから現在に至るまでを写真とともに振り返る。
 
【日本代表での歩み】
[2008年]
1月のキリンチャレンジカップのチリ戦でA代表デビュー。19歳305日でのデビューは、Jリーグ発足後、史上4番目(当時)の若さ。
[2009年]
南アフリカ・ワールドカップのアジア最終予選では主力として出場権獲得に貢献。
[2010年]
南アフリカ・ワールドカップ本大会のメンバーに選出されたが、本番では出場なしに終わる。
[2011年]
ザックジャパンでは再びレギュラーに返り咲き、アジアカップ優勝に貢献。
[2012年]
押しも押されもせぬ地位を確立し、ブラジル・ワールドカップのアジア最終予選に臨む。
国際Aマッチ通算50試合出場を達成。
[2013年]
コンフェデレーションズ・カップに出場も、3連敗に終わる。
[2014年]
ブラジルで念願のワールドカップのピッチに立ったが、チームは1分け2敗の最下位でグループリーグ敗退……。
ホンジュラス戦(11月14日)、オーストラリア戦(11月18日)でアギーレジャパンに初招集、代表復帰を果たす。
 
【写真で振り返る内田篤人の代表キャリア】はこちら!
 
(週刊サッカーダイジェスト2014.11.18号より)
【関連記事】
【日本代表】ホンジュラス戦を前に内田篤人が見せる「勝負へのこだわり」
【日本代表】11月の2連戦で内田、遠藤、今野がブラジルW杯以来の代表復帰!!
内田篤人 充実のパフォーマンスを支える「判断力」
【日本代表】2014年最後のシリーズでアギーレ監督に問うべきは?
内田篤人は4年前の失望を「払拭」できるのか?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ