ウクライナが“伏兵”の2発でU-20W杯を初制覇!韓国は痛恨の逆転負けでアジア勢初の戴冠ならず

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年06月16日

開始早々に試合が動く

スプリアハ(右から2人目)の2点で逆転し、栄冠を勝ち取ったウクライナ。その組織力は際立っていた。(C)REUTERS/AFLO

画像を見る

 現地時間6月15日、ポーランドのウッチでU-20ワールドカップの決勝が行なわれ、ウクライナが韓国に3-1で逆転勝利。初優勝を果たした。

 アジア勢として1981年のカタール、99年の日本に続き3度目の決勝進出を果たした韓国は、立ち上がりにVAR判定でいきなりPKを獲得。これをエースのイ・ガンインが落ち着いて決めて、開始5分で先制する。

 その後は両チームともなかなか決定機が作れず迎えた34分、FK後の混戦からブラディスラフ・スプリアハが右足の技ありシュートでネットを揺らし、ウクライナが同点に追い付く。

 これで勢いに乗った東欧の雄が攻勢を強めるも、ゴールは奪えずに折り返す。
 
 後半に入って53分、韓国DFが突いたボールがスプリアハに渡ると、この11番が再び冷静にシュートを流し込んで、勝ち越しゴール。今大会ここまで得点がなかった“伏兵”の2発でウクライナが逆転に成功する。

 70分にはイ・ガンインの正確なCKからイ・ジェイクにヘッドで狙われるも、GKアンドリー・ルニンの好セーブで防いだ。

 その後の韓国のパワープレーも自慢の堅守で凌いだウクライナは、89分にカウンターからオルヒイ・ツィタイシュビリがドリブルで持ち込み、狙いすました左足のシュートで鮮やかな追加点。3-1で勝利し、見事に初めての戴冠を飾った。

 韓国は、先制点を奪いながら痛恨の逆転負け。アジア勢初優勝の夢は破れた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
【東京五輪世代の最新序列】堂安?久保?三好?シャドーが最大の激戦区!U-20W杯メンバーも台頭
【U-20W杯|日本代表の通信簿】最高A評価は中盤のふたり。韓国戦で痛恨ミスの菅原は…
「難しい決断でした」マドリー移籍の久保建英がコメントを発表。移籍の背景と惜別の想いを綴る
「恐韓症だ!」「世界では珍しくない」韓国メディアの“踏みつけ騒動”反論に中国紙は唖然と…
「中国側の劣等感が引き起こした!」韓国メディアが“踏みつけ愚行”のバッシングに猛烈反論!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ