イタリア代表の“65億円男”が放った強烈キックがボールボーイの顔面を直撃! その後のリアクションが…

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年06月11日

今夏の超人気銘柄。インテル移籍が秒読みか

心優しい一面を見せたイタリア代表の大器、バレッラ。はたして注目の新天地はいずれに!? (C)Getty Images

画像を見る

 至近距離から放たれたプロ選手の渾身キックを、もし不意に顔面で受けたなら──。
 
 驚きのシーンが生まれたのは、6月8日に行なわれたEURO2020予選、ギリシャ代表対イタリア代表の一戦だ。その20分、イタリア代表の若き至宝、ニコロ・バレッラが敵陣エリア内深くに切れ込み、右足でのクロスを試みる。これが寸でのところで相手DFに阻まれると、バレッラは悔しさのあまり、看板で跳ね返ってきたボールを左足で思い切りキック! なんとその怒りのショットが数メートル先にいたボールボーイの顔面を直撃したのだ。
 
 強烈な一撃を突然見舞われた少年はまるで防御ができず、その場に尻もちをついてしまう。慌てたのはバレッラ本人だ。すぐさま駆け寄って少年を抱き上げ、両手で顔を押さえて無事を確認し、謝罪を込めたキスを贈ったのである。
 
 イタリア紙『Gazzetta dello Sport』は「イラついていたバレッラはあの少年によって冷静さを取り戻した」と報じ、英紙『The Sun』は「大事に至らなくて幸いだったが、バレッラは(ギリシャ人の)少年にとってはあまり嬉しくない“プレゼント”を捧げた」と記した。ハプニングの3分後、バレッラは見事にゴールを挙げてイタリアに先制点をもたらし、結果的に3-0の勝利を飾るチームの口火を切ったのだ。

 
 ひょんなことで誠実そうな性格を垣間見せたバレッラ。カリアリに所属する22歳の攻撃的MFはいまや数多の強豪クラブが獲得を狙う大注目銘柄だ。移籍金は5000万ユーロ(約65億円)とも言われ、ユベントスやローマ、アーセナル、マンチェスター・ユナイテッドなどが争奪戦を繰り広げているが、ここにきてインテルと個人合意に至り、移籍が秒読み段階に入っているという。
 
 なおイタリアは今回の勝利で無傷の3連勝。フィンランド、ギリシャ、ボスニア・ヘルツェゴビナなどと同居するグループJで単独首位に躍り出ている。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月13日号
    7月22日発売
    2020年シーズン更新版
    J1&J2全40クラブ
    最新戦術ガイドブック
    攻守のメカニズムを徹底分析!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ