【ネーションズリーグ】「本番で蹴ったことはなかった…」3位決定戦はPKで決着! イングランド5番目のキッカーは守護神…その結果は?

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年06月10日

5人目のキッカーとして守護神が登場

GKとしてピッチに立ちながら、キッカーも務めたピックフォード。きっちり決めてイングランドの3位に貢献した。 (C) Getty Images

画像を見る

 6月9日のUEFAネーションズ・リーグ3位決定戦は、スコアレスのままPK戦に突入。イングランドがスイスを下して勝利した(PK6-5)。

 両チームともに4人目まで成功していたPK戦で、イングランド5人目のキッカーを務めたのは、守護神のジョーダン・ピックフォードだ。英公共放送『BBC』によると、ピックフォードは試合後のインタビューで、「監督から延長戦の後に『5番(目)』と言われて、僕は『ワオ』となったよ」と明かしている。

「普段の僕はPKキッカーじゃないけど、リラックスし、自分の能力を信じたんだ。僕らはずっとPKを練習している。僕もつねに蹴っていて、練習では失敗したことがないんだ。でも、本番で蹴ったことはなかった。

 ただ、この試合ではハリー(・ケイン)とか、普段ならPKを蹴るメンバーが交代していたからね。それに、練習はこういうときのためのものだ。すべてはルーティンで、完璧にこなせるようにすることが大切だ」

 5人目のキッカーとしてきっちりネットを揺らした守護神に対し、イングランド代表のガレス・サウスゲート監督は賛辞を送っている。

「ピッチに残っていたメンバーの中では、(ピックフォードが)PKキッカーとしてけん引するひとりだった。彼はうまくそれをやってくれた。

 GKをPKキッカーに指名すると、少しナーバスになるものだ。でも、彼は実力でその場に立ったんだよ」

 そして、サウスゲート監督はこうも続けた。昨年のロシア・ワールドカップでベルギーとの3位決定戦を落としてから1年。くやしさを胸に戦ってきたチームとしての成長に手ごたえを感じていると。

「だれも満足はしていない。トロフィーを望んでいた。我々は準決勝を2回戦ったが、満足はしていないんだ。これが来年の夏への意欲となるはずだ。

 3位決定戦を控えたこの2日間、選手たちの気迫は私にエネルギーを与えてくれた。このチームでもっとやりたいという意欲と、国を代表する責任感を目にすることができたからだ。彼らは今の場所に満足していないよ」

 サウスゲート監督の下で28年ぶりのW杯ベスト4という結果を残し、ネーションズ・リーグで3位となったスリーライオンズ(イングランド代表の愛称)。来年のEURO2020に向けて、さらに進化を続けていくだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月28日号
    11月14日発売
    冬の移籍マーケット
    Jリーガー、欧州組etc
    注目株30人の
    「去就大予測」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ