橋本拳人が先制、久保建英が追加点!大分との上位対決でFC東京が2点をリード

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年06月01日

徐々にギアを上げ、30分、39分と続けて得点

フリーでヘディング弾を沈めた橋本(18番)。久保(右)は思い切って左足を振り抜き、追加点を挙げた。写真:滝川敏之

画像を見る

 J1リーグ14節のFC東京対大分トリニータが6月1日、味の素スタジアムで14時3分にキックオフされた。
 
 首位のFC東京と5位の大分が激突する上位対決で、先制したのはFC東京だった。30分、右サイドでボールを持った久保建英が相手を引き付けてからバックパスを戻し、室屋成がダイレクトでクロスを上げる。これに反応して中央に走り込んだ橋本拳人が頭で合わせ、大分ゴールを射抜いた。
 
 さらにFC東京は39分、久保が追加点を奪う。大分がカウンターを発動しようとした出端をインターセプトで挫き、そのままドリブルでエリア内に侵入。周囲の状況を確認して左足でシュートを放つと、相手DFに当たってコースが変わり、GKのニアサイドを抜けてゴールネットを揺らした。

 対する大分はオナイウ阿道を起点に反撃を仕掛けるも、シュートに持ち込むまでには至らず。FC東京の2点リードでハーフタイムを迎えている。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月16日発売
    初夏の風物詩
    2019-2020シーズン
    BEST PLAYERを発表!
    リバプール優勝記念特集も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ