アヤックスの19歳主将、大逆転負けに落胆を隠せず「足下から地面が消えた」「ロッカールームは死んだみたいに…」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年05月09日

23年ぶりの決勝進出の夢はあえなく…

まさかの大逆転負けを喫し、肩と落とすデリフト。先制点を挙げるなどこの日も存在感は際立っていたが……。(C)Getty Images

画像を見る

 マドリードへの切符は、目の前にあった。だが、あと数秒というところで、アヤックスはチャンピオンズ・リーグ(CL)決勝への道を塞がれた。

 5月8日のCL準決勝・第2レグで、アヤックスは前半に2点を先行し、第1レグと合わせて3点のアドバンテージを手にした。だが、後半に2ゴールを許すと、終了間際のアディショナルタイムにルーカスにハットトリックとなるゴールを許し、アウェーゴールの差で涙をのんだ。

 トッテナムの3点目が決まると、アヤックスの選手たちはピッチに倒れこんだ。1996年以来、23年ぶりとなるファイナル進出の夢が潰えた瞬間だった。

 英公共放送『BBC』によると、前半に先制点をあげた主将のマタイス・デリフトは「足下から地面が消えたみたいだった。本当に少しだった。僕らは本当に(決勝に)近づいていたんだ」と、落胆を隠せなかった。それでも前を向こうと努めている。

「もちろん、試合後のロッカールームは死んだみたいに静まり返っていた。とてもつらいけど、僕たちはファンタスティックな旅路を歩んできたんだ。まだ(国内リーグで)優勝することができる」

 ファンのサポートは素晴らしかった。(国内で)優勝できたら、とても誇らしいことだと思う。チャンピオンズ・リーグ決勝に片足を踏み入れ、あと数秒だったという痛みを和らげてくれるはずだ」
 
 19歳ながら抜群の安定感で最終ラインを統率したCBは、準々決勝のユベントス戦でもゴールを挙げるなど攻撃でも活躍。移籍市場での評価はうなぎ上りで、バルセロナやパリ・サンジェルマン、マンチェスター・ユナイテッド、バイエルンなどのメガクラブがこぞって触手を伸ばしており、今夏の移籍が確実視されている。

 計り知れない落胆を味わったこの夜の傷は、すぐには癒えないだろう。だがまだ19歳。いつか、この日の経験が生きる日が訪れるはずだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月19日発売
    現役監督が「ビッグ12」の
    戦力を採点&格付け
    「CL完全読本」
    全32チーム選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ