「負けないで!」「気持ちを強く!」緊急搬送のカシージャスにメガクラブ&盟友たちからエールが続々

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年05月02日

急性心筋梗塞も命に別状はなく、容態は安定

今季もCLを含めて好調を維持していたカシージャス。37歳の守護神を突然のハートアタックが襲った。(C)Getty Images

画像を見る

 衝撃のニュースが飛び込んできたのは、ヨーロッパ時間の夕刻だった。5月1日、ポルトガルの名門FCポルトに所属する元スペイン代表GK、イケル・カシージャスが病院に緊急搬送されたのだ。
 
 クラブの公式発表によると、カシージャスは水曜日のチームトレーニングの最中、心臓に痛みを訴えてその場にうずくまったという。すぐさま救急車でポルト市内の病院に運び込まれ、急性心筋梗塞と診断された。まだ詳細については明らかにされていないものの、リリースには「命に別状はなく、容態は安定している。心臓の問題も解決された」と綴られている。
 
 この一報を受けて、世界中のクラブや選手から励ましのメッセージが続々と届いている。
 
 カシージャスがキャリアの大半を過ごしたレアル・マドリーは公式サイトに、「我らの永遠のキャプテンよ」と呼びかけ、「数多のタイトルを獲るためには、どれだけの強さを持ち、どれだけのハードワークが必要かを示してくれた。なにが大切かを君は教えてくれた。世界中の勇気を君に送ろう」と、熱いエールを贈った。
 
 そのほかにもFIFAやバルセロナのほか、マンチェスター・シティやチェルシー、アトレティコ・マドリー、ローマなどビッグクラブが公式声明を発表し、ガレス・ベイル、メスト・エジル、クリスチアーノ・ロナウド、シモン・ミニョレ、ガリー・リネカーら枚挙に暇がないほどのスタープレーヤーたちが、「負けないで!」「気持ちを強く!」といった激励の言葉を寄せている。カシージャスの人柄とどれだけ愛されてるかが分かるだろう。

 
 ポルトは現在、ポルトガル・リーグで宿敵ベンフィカと激しい首位争いを展開中。まさにマッチレースの様相で、首位ベンフィカと2ポイント差の2位に付けている。シーズンは残り3試合。ここまで31試合すべてに先発出場してきた正守護神の欠場は特大のダメージだが、クラブ公式SNSは「偉大なるイケルのために、いまこそ団結しよう!」と、チーム&ファンに呼び掛けている。
 
 フットボール史にその名を刻む稀代のレジェンドの、一日も早い回復を祈りばかりだ。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月23日号
    1月9日発売
    天皇杯優勝記念
    ヴィッセル神戸特集
    J1&J2全40クラブ
    2020冬の補強考察も
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ