エース北川の3戦連発弾で清水が今季初の連勝! ロティ―ナ率いるC大阪は2連敗&3戦未勝利に

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年04月20日

鮮やかなカウンターから北川が冷静にフィニッシュ!

3戦連発で今季4得点目を挙げた北川。エースの活躍でチームも今季初の連勝を手にした。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 オレンジ軍団が今季初の連勝を飾った。
 
 4月20日、各地でJ1・8節が行なわれ、IAIスタジアム日本平で清水はC大阪と対戦。終盤まで均衡が破れなかったものの、1-0で凱歌を挙げた。
 
 前節今季初勝利を掴んだ清水は鄭大世、北川の2トップを軸に攻撃を展開。しかし、いい形で前線にボールが入らず、決定機をなかなか掴めない。

 一方のC大阪も柿谷曜一朗、清武弘嗣らを中心に細かいパスで局面打開を試みるが、最後の精度を欠いてチャンスを生み出せず。互いに決め手を欠く展開で、前半はスコアレスで折り返した。
 
 後半に入ると、C大阪が試合の主導権を掌握。だが、シュートに持ち込むまでは良かったが、あわやゴールというシーンはなく、時間だけが経過する。
 
 その状況を見たC大阪のロティ―ナ監督が動く。71分にブルーノ・メンデスを下げ、都倉賢を投入。76分には清武に代え、田中亜土夢をピッチに送り出した。だが、この策は効果的に機能しない。
 
 すると、清水がワンチャンスを生かす。82分、六反勇治のパントキックからカウンターを発動。エウシーニョが右サイドで反応すると、ペナルティエリアの外まで飛び出してきたGKキム・ジンヒョンをパスで外す。対角線上に送られたボールはゴールラインを割るかと思わたが、間一髪のところで北川が追い付く。角度のない位置から左足で合わせ、無人のゴールにシュートを流し込んだ。
 
 少ないチャンスを決め切った清水は今季初の連勝。3試合連続得点の北川は決勝弾を決め、エースとして役割をしっかりと果たした。

 対するC大阪は2連敗。引き分けを含めると、3試合未勝利となった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月5日発売
    欧州サッカーの1年を凝縮!
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の保存版をお届け
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月27日号
    6月13日発売
    久保建英は欧州へ旅立つ?
    「夏の㊙移籍ファイル」
    テーマ別に総チェック!
    大宮&大分特集も必見
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月6日発売
    欧州強豪の思惑は?
    夏の移籍マーケット最前線
    コパ・アメリカ選手名鑑に
    マンC特別付録も必見!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ