【コロンビア戦速報】森保ジャパン、三銃士が躍動するも無得点…0-0で後半へ

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年03月22日

立ち上がりのクロスバー直撃のピンチを凌ぎ、撃ち合いの展開に

南野は惜しいミドルシュートを放つなど、存在感を見せた。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 キリンチャレンジカップの日本代表対コロンビア代表は3月22日、日産スタジアムで19時20分のキックオフで行なわれている。

 日本代表はスタメンに、初招集となった鈴木武蔵を抜擢。南野拓実との2トップの一角で起用した。中盤は右サイドに堂安律、左に中島翔哉が位置し、ボランチはロシア・ワールドカップのベルギー戦以来の出場となった山口蛍と、柴崎岳のコンビを起用。最終ラインは左から佐々木翔、昌子源、冨安健洋、室屋成と並び、GKには東口順昭が起用された。

 試合は立ち上がりからゴール前の攻防が多い白熱した展開に。4分にはコロンビアがいきなりビッグチャンスを掴む。ハメス・ロドリゲスのスルーパスに反応したルイス・ムリエルがクロスを入れると、走り込んだセバスティアン・ビジャがスライディングシュート。決定的な場面だったが、シュートはクロスバーを直撃し、日本は事なきを得た。

 一方、日本は7分に堂安が柴崎からのパスに抜け出し、右足のシュートを放つが、DFの対応もあり惜しくも枠の外へ。さらに10分には南野が左足で強烈なミドルシュートを放つもGKカミロ・バルガスの好守に阻まれた。日本はさらに17分、21分と堂安がシュートを放つも、いずれも枠を捉え切れない。

 25分、日本は中島がドリブルで持ち込み、右足を強振。無回転で鋭くドロップしたシュートだったが、これもクロスバーをわずかに越えてしまった。

 そして37分、日本にビッグチャンスが到来。ゴール前で相手DFのマークをうまく外した鈴木に対して、中島が正確なクロスを供給。鈴木は決定的なヘディングシュートを放つが、ボールは当たり損ねて枠を外してしまった。

 日本は、中島、南野、堂安の三銃士が躍動したプレーを見せるも得点を奪い切れず、前半を0-0で終えている。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月1日発売
    ストライカー
    「第3世代の衝撃」
    “新・FW黄金期"が
    まもなく到来!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ