九州新人大会の決勝は大津と鹿児島城西の対戦に。”赤い彗星”東福岡はベスト8で散る

カテゴリ:高校・ユース・その他

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年02月18日

東福岡は準々決勝で大津に敗戦し、3年ぶりの大会制覇はならず

東福岡はPK戦で敗戦。昨年のU-16代表・荒木のキックが止められ、大津の前に涙を飲んだ。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 2月18日、熊本県で開催されている九州新人大会の3日目が行なわれた。
 
 今大会は、最初に各県大会の上位2校・16チームが1、2日目に4チーム総当たりのグループリーグを実施。そして、各組の上位2チームが3日目と4日目に決勝トーナメントへ臨む。この日は準々決勝と準決勝が開催され、明日のファイナルに進むチームが決まった。
 
 注目は準々決勝で実現した東福岡と大津の強豪対決だった。どちらもタレントを擁しており、今年も九州を代表する2校の実力は非常に高い。そうした一戦は前半を0-0で折り返したものの、後半に両チームとも1点ずつを奪って1-1で終了。最後は大津がPK戦を制して準決勝進出を決めた。一方、昨年のU-16代表の荒木遼太郎を擁する東福岡はベスト8で姿を消した。
 
 そのほかでは鹿児島城西が日章学園を2-0、筑陽学園が那覇西を2-0、宮崎日大が大分をPK戦で下して4強入りを決めた。そして、同日の午後に行なわれた準決勝では鹿児島城西が筑陽学園を3-1、大津が宮崎日大を2-0で撃破。決勝は鹿児島城西と大津の顔合わせとなり、敗れた筑陽学園と宮崎日大は3位決定戦に回った。

 大津が2連覇を成し遂げるのか、それとも日本代表の大迫勇也の母校・鹿児島城西が九州王者となるのか。ファイナルは19日の12時から行なわれる。

 2月18日の結果と19日の対戦カードは下記の通り。

・18日の結果
【準々決勝】
大津 1(4PK3)1 東福岡
鹿児島城西 2-0 日章学園
筑陽学園 2-0 那覇西
宮崎日大 1(8PK7)1 大分

【準決勝】
鹿児島城西 3-1 筑陽学園
大津 2-0 宮崎日大

・19日の対戦カード
【決勝】
鹿児島城西vs大津
【3位決定戦】
筑陽学園vs宮崎日大

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ