「南野のゴールで息を吹き返したが…」アジア制覇を逃した森保ジャパンを海外メディアはどう見た?|アジア杯

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年02月02日

惜しくも力及ばなかった日本

攻守に渡って勢いのあったカタールに力負けを喫した日本には、多くの課題が残された。 写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 悲願のアジア制覇の夢は、あと一歩のところで潰えた。

 現地時間2月1日、アブダビのザイード・スポーツシティ・スタジアムで、アジアカップの決勝が行なわれ、日本代表はカタール代表に1-3で敗戦。2011年のカタール大会以来となる戴冠を逃した。

 準決勝で負傷交代したボランチの遠藤航が欠場して塩谷司が起用された以外は、ベストメンバーで臨んだ日本は、序盤こそ堅実な対応を見せたが、徐々にカタールの勢いに押し込まれると、12分に均衡を破られる。相手エースのアルモエズ・アリに軽やかなボールタッチから、オーバーヘッド弾を決められたのだ。

 これで勢いが出たカタールに主導権を握られると、27分にアブデルアジズ・ハティムに鮮やかな左足でのミドルシュートを決められて差を広げられた。

 後がなくなった後半、日本はキックオフ直後から攻勢を強め、執拗に攻め立てると、69分、味方からのくさびのパスをエリア内中央で受けた南野が反転からゴール前に侵入。相手GKとの1対1を冷静にループシュートで制して1点差に詰め寄った。
 

 その後、運動量が極端に低下し、自陣に釘付けとなったカタールを日本は一方的に攻め込んだが、81分に吉田麻也がペナルティーエリア内で痛恨のハンド……。これがVAR判定の末にPKとなってアクラム・アフィフに決められてしまった。

 再び2点差とされた日本は、43分にFKから吉田がヘディングシュート! しかし、この渾身のショットが枠外に外れて万事休すとなり、結局、1-3で敗れた。

 試合後、速報記事内で、カタールの史上初のアジア制覇について「これまで準々決勝にすら勝ち残れなかったチームの優勝は、2022年でワールドカップデビューを飾る国の大きな後押しになる」と賛辞を寄せた世界的ネットワーク『Fox Sports』のアジア版は、惜しくも散ったサムライ戦士の戦いぶりについては、「ミナミノのゴールで息を吹き返したが、VARによって下されたヨシダのハンドによるPKが試合を終わらせた」と記した。

 幾多の激闘を制し、決勝まで進みながらカタールに力及ばなかった森保ジャパン。この悔しい敗戦から得た課題を今年6月に行なわれるコパ・アメリカで晴らしてもらいところだ。

【日本代表PHOTO】日本1-3カタール|南野の今大会初ゴールで反撃の狼煙を上げるも追いつけず。2大会ぶりの優勝を逃す…

【サポ―ターPHOTO】UAEでは日本が人気!?決勝戦を盛り上げた両サポ―ター特集!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ