「日本は攻撃の道筋を見失なった」AFC公式が歴史的結末となったアジアカップ決勝を詳報!

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年02月02日

「カタールにとっては記録づくめの歴史的な夜」

カタールは日本の攻撃を十二分に研究。とりわけリスタートはことごとく封じ込まれた。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 現地時間2月1日、UAE・アブダビで行なわれたアジアカップ2019決勝。日本代表がカタール代表と雌雄を決した頂上決戦は、1-3の完敗に終わった。

 立ち上がりから緩やかにボール支配を高めた森保ジャパンだったが、縦へのクサビのパスがなかなか入らず、攻撃に閉塞感が生まれる。すると12分、カウンターからアルモエズ・アリに鮮やかなバイシクルをねじ込まれて被弾。さらに27分にはアブデルアジズ・ハティムに強力な左足ミドルを決められ、まさかの2点リードを奪われてしまう。

 パススピードを速めて敵を左右に揺さぶり、FKやCKからも好機を探った日本だが、決定的なチャンスを掴むには至らない。フラストレーションが募る形でハーフタイムを迎えた。

 後半は運動量が落ちた相手に対して、ボール支配をグッと高め、日本はさらに攻勢を強めた。そしてようやく69分に南野拓実のゴールで1点を返し、そこから一気に畳みかけたかったが……。83分にVARから吉田麻也のハンドでPKを献上し、スコアを1-3とされて万事休す。2大会ぶりのアジア制覇は露と消えた。

 
 カタールが凱歌を上げた一戦を速報でレポートしたのが、AFC(アジア・サッカー連盟)の公式サイトだ。「カタールが歴史的なタイトルをもぎ獲る」と題して、マッチレポートを掲載。要約してお伝えしよう。

「カタールにとってはまさに記録づくめの夜となった。初のファイナルは、アリの大会新記録となる9得点目で幕を開け、ハティムのセンセーショナルなゴールでリードを広げた。ミナミノのゴールで1点差に詰められてしまうが、チーム一丸となって敵に傾きつつあった流れを食い止め、PKでふたたび2点差としたのだ。歴史的な勝利に歓喜が弾けた!」

 一方で日本代表については、「いつも通りの分厚い攻撃を仕掛けたものの、カタールが築いた5バックの人垣を打破できなかった」と指摘し、「相手守備陣が隙を与えてくれず、数多のコーナーキックでチャンスを掴んだもののひとつもゴールに結びつけられなかった。日本の攻撃は、どこか道筋を見失なっていたようだ」と評している。

 無念にも準優勝で大会を終えた森保ジャパン。この敗北を糧とし、いかに強化を進めていくのか。3月下旬の国際Aマッチウイークではコロンビア、ボリビアの南米勢を迎え、6月のコパ・アメリカに備える。

【日本代表PHOTO】日本1-3カタール|南野の今大会初ゴールで反撃の狼煙を上げるも追いつけず。2大会ぶりの優勝を逃す…

【サポ―ターPHOTO】UAEでは日本が人気!?決勝戦を盛り上げた両サポ―ター特集!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月13日号
    5月23日発売
    2019年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    中盤戦「必勝プラン」
    浦和ダイジェストも必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月16日発売
    WSD恒例企画
    2018-2019シーズン
    「BEST PLAYER」
    マンC優勝記念ポスターも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ