「勝つための手段を僕は選ばない」自我を捨ててチームのために献身した原口元気の想い|アジア杯

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月22日

原口を守備に突き動かしたのは、指揮官の信頼を得たいという想いだ

90分間、ピッチを駆け回った原口。次は守備だけではなく、攻撃でも存在感を示したい。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[アジアカップ・決勝トーナメント1回戦]日本 1-0 サウジアラビア/1月21日/シャルジャスタジアム

 原口元気は得意の攻撃でなく、守備でチームの勝利の貢献した。
 
 1月21日に行なわれたアジアカップの決勝トーナメント1回戦で日本はサウジアラビアと対戦。終始、相手の猛攻に晒される苦しい一戦だったものの、最後まで集中力を切らさずに冨安健洋が決めたゴールを守り切って勝利を掴んだ。
 
 試合後、原口は勝因についてこう語った。
 
「今日勝てたのは11人だけではなく、途中から入った選手も含め、全員がやりたいプレーを犠牲にしていたから。ただ頑張るじゃなくて、今日は賢く、ペナルティエリア内では(ファウルに)気をつけてプレーしていたし、今日勝てた要因はいろいろ賢くできたところかなって思います」
 
 チーム全員で掴んだ8強入り。背番号8は誰ひとり利己的にならずチームに献身できたからこそ、最後まで1点を守り切れたとした。
 
 本来であれば、チームとしてもっと攻めに転じたい想いもあったはずだ。とりわけ、攻撃力を武器とする原口はそう感じていたとしても不思議ではない。それでも、チームのために献身できたのは、「優勝することによって信頼を得られると思っている」からだ。
 
 森保一監督が就任してから同じ左サイドハーフでは中島翔哉が台頭し、自身の置かれた状況は一変。実績十分の原口であっても横一線のポジション争いを強いられただけに、今大会は指揮官から信頼を得る絶好の機会である。
 
「勝つための手段を僕は選ばないし、自分がどうしたいかっていうよりも、勝ちたい思いが強い。なので、今日のプレーは勝つために最善のプレーをしたかなって思いますけどね」
 
 いかなる状況でも勝利に貢献して指揮官の信頼を掴み取る――。強い決意を持ってピッチに立つ原口はどんな役割でも受け入れ、チームのために走り続ける。

【PHOTO】“中東の雄”サウジとの激闘を森保ジャパンが制す!! 戦士たちの勇姿をチェック

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ