代表初ゴールが値千金の決勝弾!冨安健洋が試合後に明かしたCBとして矜持

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月21日

「ゴールよりも無失点に抑えることのほうにこだわりがある」(冨安)

初のアジアカップで日増しに存在感を高めている冨安。その堂々たる姿はまるで20歳に思えない。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[アジアカップ・決勝トーナメント1回戦]日本 1-0 サウジアラビア/1月21日/シャルジャスタジアム

 攻守で目を見張る活躍を見せた20歳の守備者は、自身のA代表初ゴールを決めても冷静だった。
 
 1月21日、日本はアジアカップの決勝トーナメント1回戦でサウジアラビアと対峙。過去3度の優勝経験を誇る西アジアの雄に苦戦したなかで、チームを救ったのは冨安健洋だった。
 
 20分に柴崎岳の右CKから得意のヘッドで代表初ゴールをゲット。これが先制点となり、チームに流れる嫌な雰囲気を一掃するきっかけを作った。
 
 その後も日本はサウジアラビアに対し、防戦一方。何度も危険な場面を迎えたが、冨安は空中戦で競り勝つだけなく、身体を投げ出したシュートブロックなどでチームのピンチを救い続け、8強入りの原動力となった。
 

 試合後、冨安はフラッシュインタビューに登場。代表初ゴールについて聞かれると、「押し込まれていましたし、セットプレーで一発取れればいいなと思いました。嬉しかったですけど、久々の得点。(普段は)ゴールを取れる選手ではないので、喜び方があまり分からなかったですけど、本当に嬉しいです」と頬を緩ませた。だが、若武者はそれ以上に、苦しいゲームを無失点で終えられたことを喜んだ。
 
「個人的にはゴールよりも、無失点に抑えることのほうにこだわりがある。なので、そっちのほうが嬉しかったですね」
 
 決勝弾よりも完封勝利――。「これで終わりではないので、しっかりとリカバリーしていい準備をしたい」と言った若きCBは、サウジアラビア戦で掴んだ手応えを携えて24日に行なわれるベトナムとの準々決勝に備える。

【日本代表PHOTO】日本1-0サウジアラビア|アジア杯決勝T1回戦、負けたら終わりの一発勝負! 冨安の大会最年少ゴールで日本がベスト8進出

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ