「綻びを見出せなかった…」森保ジャパンの堅守にサウジ・メディアが脱帽!|アジア杯

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月21日

サウジの猛攻を耐え凌いだ緻密な守り

試合終了後、攻守に貢献した冨安をキャプテンの吉田が“熱く”迎えた。 写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 現地1月21日、アジアカップの決勝トーナメント1回戦、日本代表対サウジアラビア代表が、UAEのシャルジャ・スタジアムで行なわれた。

 序盤から相手の出足の鋭いプレッシャーに押し込まれ、ポゼッションで優位に立たれた日本だったが、20分にワンチャンスを活かす。左CKを得ると、柴崎岳のボールに冨安健洋が相手DFに競り勝ってヘディングシュートを叩き込んだ。20歳の代表初ゴールで先手を取った日本は、前半を無失点で凌ぎ切る。

 迎えた後半、日本は前半以上に攻勢を強めるサウジアラビアの猛攻にさらされ、ボールポゼッションを許す苦しい展開となる。それでも、冨安と吉田麻也の両CBを中心にした堅固な守りで逃げ切りに成功。見事にベスト8進出を果たした。

 この試合を速報的に報じたサウジアラビア紙『ARAB NEWS』は、「1-0でアジアカップ敗北」と見出しを打ち、勝利した日本の緻密な守備を称えた。

「サウジアラビアは日本の手によって1-0で敗北し、アジアカップから姿を消すことになった。グリーン・ファルコンズは試合の大部分で主導権を握り、優位に立っていたが、組織だった日本の最終ラインを前に攻め手を欠き、その綻びを見出すのに苦労した。前半早々に決まったトミヤスのヘッダーで、サムライブルーの地位は確立された」

 見事な試合巧者ぶりを発揮し、中東の雄を撃破した森保ジャパン。中2日で迎える準々決勝では、破竹の勢いで勝ち進んでいるベトナムと対戦する。

【日本代表PHOTO】日本1-0サウジアラビア|アジア杯決勝T1回戦、負けたら終わりの一発勝負! 冨安の大会最年少ゴールで日本がベスト8進出

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ