【アジア杯】攻守に躍動した青山敏弘「やるべきことはできた。勝利に持って行けたのは自信」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月18日

主力組の“後押し”に感謝

青山はボランチでフル出場。攻守に安定したパフォーマンスを披露した。 写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 決勝トーナメントへの切符を勝ち取った主力組を休ませながら、グループ首位の座をつかみ取る――。森保ジャパンはこの難易度の高いミッションを、難敵ウズベキスタン相手に見事クリアしてみせた。

 カウンターから先制を許したのは40分。だが、その3分後に武藤嘉紀がヘッドで同点弾を叩き込むと、58分には塩谷司の鮮やかな左足ミドルが飛び出し、2-1の逆転勝利を飾っている。

「やるべきことはできたかなと思います」

 そう言って安堵の表情を浮かべたのは、この日キャプテンの腕章をつけてプレーした青山敏弘だ。攻守に躍動したベテランのボランチは、長短を織り交ぜたパスで攻撃陣を操り、持ち前の読みの良さでピンチの芽を摘んでいった。

「結果(勝利)を出すために、自分たちはやるべきことをやったと思います。主力メンバーが決勝トーナメントへの切符を獲得してくれたその勢いを、さらに加速させたかったし、ロッカールームやベンチでは、普段試合に出ている選手たちが後押ししてくれました。失点したけど、勝利に持って行けたのは自信になります」
 

 初タッグを組んだ塩谷とのボランチについては、「最初は固さが見られたが、後半に入って、徐々に機能し始めた」と振り返り、さらにこう続けた。「みんなで連動し、攻撃の形を作っていけました。また、その組織の中で個の力も十分に発揮できていたと思います」

 中盤でリーダーシップを発揮しつつ、快足自慢の伊東純也に低い位置から長距離のスルーパスを通すなど、視野の広さと抜群のパスセンスを披露した青山。決勝トーナメント以降も、このベテランMFの力を必要とするシーンはありそうだ。

 森保ジャパンの次戦は1月21日。ベスト8の座を賭けてサウジアラビアと対戦する。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ