【選手権 準決勝】激戦の東北対決!! 青森山田が3-3からのPK戦を制して2大会ぶりの決勝進出!

カテゴリ:高校・ユース・その他

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月12日

尚志の染野は3試合連続弾&ハットトリック

東北勢対決は白熱のシーソーゲームの末に、PK戦に突入した。写真:徳原隆元

画像を見る

 第97回全国高校サッカー選手権大会は1月12日、準決勝の2試合が埼玉スタジアム2002で行なわれる。第1試合では、尚志(福島)対青森山田(青森)が行なわれ、青森山田が3対3からのPK戦を4対2で制し、14日の決勝に駒を進めた。

 東北勢対決は白熱のシーソーゲームとなった。まずは前半26分に尚志が先手を奪った。右サイドからのFKのチャンスを得た尚志は、染野唯月(2年)がニアサイドで合わせてゴールに流し込む。染野の3試合連続弾で尚志が前半を1-0とリードして折り返す。

 しかし後半、青森山田が反撃。後半11分にバスケス・バイロン(3年)がドリブル突破でペナルティエリア内に侵入すると、尚志DFのファウルでPKを獲得。これを檀崎竜孔(3年)が決めて同点。さらに同18分にはCKから三國ケネディエブス(3年)がヘディングシュートを決めて逆転に成功した。

 これで青森山田がペースを握ったかに見えたが、ここから尚志が底力を発揮。後半23分には右サイドからの折り返しに反応した染野が鮮やかな切り返しから左足で流し込んで2-2の同点に。さらに同30分にはカウンターから見事な連係で青森山田の守備を崩して再び染野が右足で流し込んだ。染野のハットトリックで尚志が逆転に成功する。

 しかし、試合はこれで終わらない。青森山田は後半41分、GK飯田雅浩(3年)のフィードからチャンスを広げ、最後は交代出場の小松慧(3年)が押し込み3-3の同点とする。

 試合はこのままPK戦に突入。これを4-2で制した青森山田が決勝進出を決めた。青森山田は2大会ぶりの決勝進出となる。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月24日号
    1月10日発売
    J1・J2全40クラブの
    最新陣容チェック&
    移籍相関図
    南野と長友の特製ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月17日発売
    取材記者が“とっておきの話”
    を打ち明ける
    WSD的
    「フットボールリークス」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ