吉田麻也も認める森保ジャパンの強み。アジアカップでも中島、南野、堂安らが武器に!

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年11月21日

「個で剥がせる選手が多くいるのは武器になる」(吉田)

アジアでの戦いに警戒を強める吉田。個で剥がせるアタッカー陣が武器になるという。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 11月20日、日本代表は豊田スタジアムでキリンチャレンジのキルギス戦に臨んだ。結果は4-0の快勝。代表初出場の山中亮輔が口火を切り、原口元気、大迫勇也、中島翔哉の海外組がきっちりとネット揺らして、来年1月に開幕するアジアカップに向けて弾みが付く勝利を掴んだ。
 
 年内最後の一戦も勝利し、森保一監督が着任したロシア・ワールドカップ後の5戦で4勝1分。躍動感のある戦いぶりに多くの人が期待を抱いているだろう。そうした順風満帆な航海を続ける森保ジャパンだが、キャプテンを務める吉田麻也はアジアカップに向けて警戒心を強める。
 
「後ろはいつも通り、ひとつのカウンターでやられないように90分間集中力を切らさないことが大事。(UAEで行なわれる)アジアカップは暑さもあるだろうし、ヨーロッパとの気候の差もある。そういうことを考えても、簡単にはいかない」
 
 ただ、吉田は今のチームに、絶対的な武器があるともいう。それが個性豊かなアタッカー陣だ。「(アジアカップでは)相手がべた引きすることは想定ができる。ただ、個で剥がせる選手が多くいるのは武器になる」とし、中島、南野拓実、堂安律といった才気溢れる若武者たちの存在はなんとも心強い。
 
 残された時間は約1か月半。どのようなメンバーで挑むか定かではないが、選出されれば吉田はチームリーダーとしての重責を担うだろう。「大会が始まれば、一緒にいる時間が長くなるので、より密にコミュニケーションがとることができるのでなるべく多くの選手と話をしたい」と相互理解を深めつつ、経験値豊富なCBは若手が活躍できる環境をさらに整えていく。
 
【日本代表PHOTO】日本対キルギスの美女サポーターたち!

【日本代表PHOTO】日本4-0キルギス|森保ジャパンが4発快勝! ゴールラッシュで2018年を締めくくる!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月1日発売
    ストライカー
    「第3世代の衝撃」
    “新・FW黄金期"が
    まもなく到来!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ