「ダルビッシュさん夫婦がいればもっと…」本田圭佑が一連の“人質解放”報道に反応

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年10月26日

「ダルビッシュさん夫婦がいればもっとガツガツいけそうです」

安田さんの解放について自身の想いを綴った本田。ツイートには多くの共感の声が寄せられている。(C) Getty Images

画像を見る

 メルボルン・ビクトリーの本田圭佑が10月26日、自身のツイッターを更新し、シリアの武装勢力に拘束されていた安田純平さんが解放されたことについて言及。「フリージャーナリストの安田さん、色々と議論がなされてるみたいやけどとにかく助かって良かったね」と自身の想いを綴った。

 
 この本田の投稿にはユーザーから多数の反響があり、返信欄では「1つの命が助かったことがほんとに大事なことですよね」「本当に助かって良かったです」「そういう声が聞きたかった。嬉しいです」といった共感の声が多数を占めた一方で、記者の自己責任を問う声や武装勢力に多額の身代金が渡ったことへの憤りを示す声なども少数ながら寄せられている。
 
 この自己責任論については、メジャーリーグ・カブスのダルビッシュ有も25日、「一人の命が助かったのだから、自分は本当に良かったなぁと思います。 自己責任なんて身の回りに溢れているわけで、あなたが文句をいう時もそれは無力さからくる自己責任でしょう。皆、無力さと常に対峙しながら生きるわけで。人類助け合って生きればいいと思います」と自身の見解を投稿。
 
 さらに、その数時間後に投稿した「日本が戦争していてたくさんの人が殺されているなかで世界のどの国もが知らんぷりだったらどうするんだろう?って妻と話してました」とのコメントには本田も反応し、ダルビッシュの投稿を引用しつつ、「僕も色んな国に好きで行くので、しかも政治やビジネスに関して好きな事言うので、このまま拘束されたりしたら、ホンマにヤバいかもっていつも思ってます。ダルビッシュさん夫婦がいればもっとガツガツいけそうです」とのメッセージを綴っている。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月4日発売
    歴代レジェンドチーム
    最強はここだ!!
    1990年以降の「ナンバー1」を
    海外記者の投票で決定
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ